水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりで使えるアイテムとは

水まわりのトラブルについて

column

トイレつまりで使えるアイテムとは

道具がなくても直せる

top > コラム一覧 > 道具がなくても直せる


トイレのつまりを直す道具には様々な種類があります。
代表的なものといえば、すっぽんではないでしょうか。
昔からある道具ですが、最近では他のアイテムを使って直すことも増えてきました。
すっぽんを持っていないという家庭は、トイレつまりに効果的なアイテムを知っておきましょう。
一つは、重曹とクエン酸、お湯です。
クエン酸は調味料として使うお酢で問題ありません。
重曹は4分の1カップ、お酢は2分の1カップ、お湯は便器の半分程度の量を注いでいきます。
その後は便器の蓋を閉めたまま1時間ほど放置してください。
炭酸ガスが発生し、詰まっているものを分解してくれます。
放置後に確認する際はバケツから水を少しずつ流してください。
問題なく流れていけば解消された証拠です。
作業する時は、しっかり換気をして、お湯は40度から60度のぬるま湯に設定するのがポイントです。
どの家庭でも準備しやすいアイテムであるため、知っておくといいでしょう。

お湯だけでも改善することがある


お湯だけでも効果がある場合があります。
軽度であれば、ぬるま湯を注いで放置すると自然と解消されるでしょう。
注ぐ時は、バケツなどの容器を使って少し高い位置から流し入れるのがポイントです。
排水口に目がけて流すと、勢いがついてそのまま流れていくことも少なくありません。
流し入れた後は30分ほど放置をして、様子をみてください。
それでも解消されていなければ、すっぽんやワイヤーブラシなどの道具を使う必要があるかもしれません。
溶けやすい状態にすることで、道具の効果を高めます。
このようにトイレのつまりを直すアイテムがありますが、どれも水に溶けるものが原因の時にしか使ってはいけません。
何が詰まっているのかわからないときや、溶けないものが原因だと分かっている場合は業者に修理を依頼しましょう。
溶けないものに薬剤を注いでも意味がなく、すっぽんなどで奥へ押し込むと症状がひどくなり、便器から汚水が溢れ出してくる恐れがあります。
悪化すると修理費も高額になるため、状況がひどくなる前に依頼することが大切です。