水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりが悪化してしまうこととは

水まわりのトラブルについて

column

トイレつまりが悪化してしまうこととは

水を流してはいけない

top > コラム一覧 > 水を流してはいけない


トイレつまりは、冷静に対処しなければ被害が拡大する恐れがあります。
しかし、水回りのトラブルは慌てやすいです。
間違った行動をして重症化すると修理も大変になるため、悪化してしまう対処について知っておきましょう。
一つは、排水することです。
つまりの原因となっているものを水で無理に流そうとする人は少なくありませんが、トイレの排水量や勢いでは、つまりの原因を押し流すには不十分な場合があります。
奥へ進むだけで、下水までは辿り着くことができません。
引っかかりが解決していない状態で排水し続けると、便器から汚水が溢れ出してくる恐れがあり、奥に行くほど対処しにくくなってしまうのです。
軽度だったのにもかかわらず、水を流したことで悪化し、素人では修理できなくなると業者に依頼することになります。
便器を取り外したり、専門機材を使って修理したりする必要性が出てくると、修理費用も高額になるため、自己判断で水を流す行為はしないようにしましょう。

勘違いすることが多い間違った対処法


原因がわかっていない状態でスッポンを使うことも、トイレつまりを悪化させる恐れがあるため、注意しましょう。
スッポンはトイレつまりを直す定番のアイテムであるため、使えば解決するものだと思っている人も多いのではないでしょうか。
扱いやすく、解決する場合もありますが、詰まっているものによっては使ってはいけないケースがあるのです。
使用してはいけないものとは、水に溶けない異物です。
溶けない異物は押し流すのではなく、取り除く必要があります。
スッポンで奥へ進むと重症化しやすいため、水に溶けるものかどうかわからない状態で使わないようにしましょう。
特定できない時は無理に調べようとせずに業者に依頼してください。
他にも、熱湯を注ぐ行為には要注意です。
水に溶けるものであればお湯を注ぐことで解決しますが、熱湯は流してはいけません。
温度差が生じて便器が割れてしまう危険性があります。
本体まで交換しなければならなくなると10万円以上の費用がかかる恐れもあるのです。
無駄な出費を回避するためにも、お湯はぬるま湯に調整してください。
このように、悪化につながる間違った対処法がいくつかあります。
慌てず、正しい方法で対処しましょう。