水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりでスッポンの代用になるものとは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりでスッポンの代用になるものとは

トイレつまりでスッポンの代用になるものとは

スッポンの代わりにラップを使う


トイレつまりに効く道具といえば、スッポンをイメージする人が多いのではないでしょうか。
昔からある道具であるため、使ったことがない人もどのようなモノかはわかるはずです。
価格が安く、使い方も簡単ですが、最近では自宅に常備していないという家庭も少なくありません。
しかし、いざというときに買っておけばよかったと後悔することがあるでしょう。
トイレつまりが起きた時、近くのお店に買いに行くのも一つの方法ですが、他のモノで代用することも検討してみてください。
どの家庭にでもあるモノが代用品になります。
例えば、ラップです。
キッチン用品であるラップは使い方次第でスッポンと同様の効果を得ることができます。
使い方は簡単です。
まずは、便座を上げてラップで覆っていきます。
密封しなければ意味がないため、隙間ができないように複数枚重ねましょう。
しっかり密封したら一度、排水レバーもしくはボタンを押して水を流します。
そうすると、ラップで覆った中央部分が膨らんでくるため、爪を立てずにゆっくり押し込んでいけば勢いよく詰まったものが流れていきます。
勢いよく押すとラップも流れてしまい、つまり具合がひどくなるため要注意です。

空のペットボトルで直す方法

空のペットボトルもスッポンの代用になります。
少し加工が必要になりますが簡単です。
排水口に入るサイズのペットボトルを用意し、底から3センチほどの場所でカットします。
蓋を外し、指で口を抑えながらカットした部分を排水口に突っ込み、スッポンを使う時と同様に押したり引いたりしてください。
手が汚れる恐れがあるため、ゴム手袋などを着用すると良いでしょう。
押し引きすると水が動き、排水管に詰まっているものが流れていく可能性があります。
何度か繰り返してゴボゴボといった音が聞こえたら解消されている証拠です。
このように、スッポン以外にもトイレつまりを直す道具がありますが、水に溶けるもの以外が詰まっている時は、これらの方法を用いてはいけません。
物理的に取り除かなければ解決しないため、業者に修理を依頼する必要があります。