水のトラブルなら水道修理救急サービス|今すぐトイレつまりを直したいときには

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 今すぐトイレつまりを直したいときには

今すぐトイレつまりを直したいときには

すぐに直したい場合は?


トイレは日常生活に欠かせない設備であるため、つまりが起きて使えなくなると暮らしに大きな影響を与えます。
そのため、トイレつまりが起きた時にはすぐにでも直したいと思うものです。
業者に依頼すると安心ですが、軽度であれば自力でもすぐに解消させることができます。
方法の一つは、お湯を注ぐことです。
便器にお湯を注ぎ、30分から1時間ほど放置してみてください。
そうすると、トイレつまりを起こしている原因が柔らかくほぐれて流れやすくさせることができるのです。
しかし、お湯の温度には注意してください。
熱湯の方が溶かしやすいイメージがありますが、便器は陶器で作られているため、ひび割れの原因になります。
必ず40度から60度程度のぬるま湯を注ぐようにしてください。
また、便器内の水位が高い場合は空のペットボトルやバケツなどを使って水量を減らしておきましょう。
お湯を注ぐだけでもつまりが解消されることがありますが、さらにスッポンを使うと効果的です。
スッポンを使うときはカップ部分が水に浸かる程度まで水を増やしてください。
これは、水量が少な過ぎるとカップ内部が真空状態にならず、圧力で押し流すことができないからです。
カップが水に浸っている状態で隙間ができないようにゆっくり押し込み、一気に引っ張り上げると成功しやすいです。
何回か繰り返すとトイレつまりが解消されるでしょう。

業者に依頼すると安心

自力で解消できない原因もあります。
それは、水に溶けない固形物です。
お湯を注いでも溶けることはありません。
取り出さなければならないため、スッポンで無理矢理押し流すのもやめてください。
排水レバーを何度も回して水で流し切ろうとするのも危険です。
異物が奥へ進み、余計に取り出しにくくなるからです。
排水口の入り口に引っかかっていればゴム手袋を着用し取り出してください。
手が届かないところまで進んでいるようであれば、業者に依頼するしかありません。
無理に取り出そうとすると、便器から汚水が溢れ出してくるなど状況が悪化する恐れがあります。
すぐに駆けつけてくれる業者を選ぶと、スピーディーに解決するため、悪化する前に相談してみてはいかがでしょうか。