水のトラブルなら水道修理救急サービス|コスパがいいトイレつまりの解消方法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > コスパがいいトイレつまりの解消方法とは

コスパがいいトイレつまりの解消方法とは

安い道具を使って直すとコスパがいい


トイレつまりが起きた時、できるだけお金をかけずに解消したいと思う人が多いのではないでしょうか。
解消方法はいくつかの種類がありますが、コスパを重視するのであればスッポンがお勧めです。
スッポンはホームセンターやドラッグストアなどで販売しており、数百円程度で手に入れることができます。
100円ショップでも購入することができるため、出費も最小限に抑えることができるでしょう。
使い方も簡単であるため、コツを掴めばすぐにトイレつまりが解消します。
スッポンの代わりに空のペットボトルを使うというのも一つの方法です。
底から3cmほどのところでカットし、カットした部分を排水口に挿入して押したり引いたりすると、スッポンと同じ効果を得ることができます。
この時、蓋は取っておいてください。
口の部分を手で押さえながら押し引きを繰り返すと、ゴボゴボという音がなって解消されるはずです。
スッポンが自宅にないという場合は、ペットボトルで代用してみてはいかがでしょうか。

溶かす方法もお勧め

お掃除で使う重曹やクエン酸、お湯を使う方法もコスパがいいです。
重曹は100円ショップで調達し、クエン酸は調味料であるお酢を使います。
お湯はぬるま湯を使いましょう。
熱湯の方が効果は高いイメージがありますが、便器を傷める原因になります。
重曹、クエン酸、お湯を順番に排水口に注ぐと二酸化炭素が発生して、トイレつまりの原因を溶かして解消することが可能です。
手を汚さず、簡単にできるためチャレンジしてみてください。
このように、コスパの良い解消方法がありますが、重症化するとこれらの方法で直すことはできません。
特に、水に溶けない固形物は要注意です。
溶けないものは除去作業しなければ解決しません。
スッポンなどを使って押し流そうとすると重症化しやすく、便器の取り外しが必要になるなど大掛かりな作業に発展します。
大規模な修理になるほど費用も高額です。
支出を抑えるためにも、水に溶けないものを流してしまった時はすぐに業者に依頼してください。
対処が早いほど支出を抑えることができます。