水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりで起こる配管の異臭を防ぐ方法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりで起こる配管の異臭を防ぐ方法とは

トイレつまりで起こる配管の異臭を防ぐ方法とは

お掃除をしても解消しない異臭の原因とは

お掃除をしても解消しない異臭の原因とは


トイレの配管から異臭がする場合は、詰まっている可能性があります。
お掃除をしても臭いが消えない場合は、配管のつまりを疑いましょう。
配管が詰まると、封水切れという現象が起きることがあります。
封水切れは見た目でも判断することが可能です。
便器内の水位がいつもより低いと感じた場合は注意してください。
トイレットペーパーや大便が排水管の中で詰まっていたり、水に溶けない異物がつまりを引き起こすと封水切れが起きて便器内の水位が減ってしまうのです。
特に、水に溶けない固形物は重症化しやすいため、悪化する前に対処する必要があります。
基本的には取り除くしか改善方法がないため、手で取り出せないほど奥へ進んでしまった時は業者に依頼してください。
原因がわからない時も業者に依頼すると安心です。
無理に取り出そうとしたり、水を大量に流して押し流そうとすると余計に症状がひどくなるため、絶対にしてはいけません。

水に溶けるものが原因の時は

水に溶けるものが原因の時は

トイレットペーパーや大便のつまりは比較的軽度で済むケースが多いです。
これらは自然と溶けて無くなったり、押し流すことで詰まったものが解消され、封水切れも改善します。
溶かす方法は簡単です。
しばらく使用するのをやめて放置します。
溶かすスピードを早めたい場合は、40度から60度程度に調整したお湯を排水口に注ぎ、放置してください。
重曹とクエン酸、お湯を注ぐのも効果的です。
完全に溶けきっていなければ、スッポンなどの道具を使いましょう。
カップが浸かる程度まで水位を調整し、真空状態を作ってから思いっきりスッポンを引っ張り上げると、圧力で押し流すことができます。
ペーパー類や排泄物が溶けやすくなっている状態であれば、すぐにスッポンで押し流すことができるはずです。
このように、つまりの原因を解消しても異臭が消えない場合は他に原因がある恐れがあります。
問題なくトイレが使えたとしても、異臭は不快感を与えるため業者に原因を調査してもらい、対処してもらいましょう。
また、普段から異臭を発さないように、ペーパー類や大便はこまめに流し、溶けない固形物は流さないように気をつけることが大切です。