水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレにマスクを落としてつまったときには

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレにマスクを落としてつまったときには

トイレにマスクを落としてつまったときには

水で流してはいけない


トイレにマスクを落としてしまったという人もいるのではないでしょうか。
トイレットペーパーと同様な使い捨てマスクは紙製品のため、流しても問題がないと思っている人もいるはずですが、トイレットペーパーと違って水に溶けるように作られていません。
マスク1枚であれば薄くてサイズも小さいため、問題なく流れたように見えることもありますが、目で確認できない場所で引っ掛かり、つまりを引き起こす恐れがあるのです。
薄くて軽いものは流れて奥まで流れていきやすく、手が届かないところまで流れてしまったということも少なくありません。
水に溶けないものは物理的に取り除かなければなりませんが、奥まで流れていくと手が届かないため、便器を取り外して除去する必要性も出てきます。
放置するとつまり具合が酷くなり、修理作業も大規模になって費用も高額です。
マスクを落とした時は、洗浄する前に取り出すようにしましょう。
スッポンやローポンプなど空気圧でつまりを直す道具もありますが、水に溶けないものが原因の時は使ってはいけません。

取り出せない時は業者に依頼

マスクを落としたときに、すぐ気がつくことができれば手で取り出すことができるでしょう。
しかし、一度でも水を流すと奥へ進んでしまいます。
まずは便器に残っていないか目と手で探ってください。
便器の中に手を入れるのは抵抗がありますが、ゴム手袋などを着用し手で探る必要があります。
この時、慎重に探らなければ奥へ押し込んでしまう恐れがあるため要注意です。
また、水が流れてこないように止水栓を閉めた上で作業をしてください。
あらかじめバケツなどで便器内の水を汲み出しておくと調べやすいです。
目や手で探っても見つからない場合は、専門業者に依頼する必要があります。
修理費はかかりますが、闇雲に作業すると症状が悪化する危険性があるため、簡単に取り出せそうにないと感じたら、できるだけ早い段階で業者を呼びましょう。
連絡するのが遅くなり、症状が酷くなっている場合は便器を取り外して高圧洗浄をする可能性があります。
高圧洗浄は費用が高くなるため注意してください。