水のトラブルなら水道修理救急サービス|自力で解消できるトイレつまりとは

水まわりのトラブルについて

column

自力で解消できるトイレつまりとは

自力で直せる原因とは

top > コラム一覧 > 自力で直せる原因とは


トイレつまりが起きた時に自力で解消したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
簡単なつまりであれば自力で直すことが可能ですが、中には業者に依頼しなければ解消しないトラブルがあります。
無理に直すと症状が悪化して、修理費も高額になるため要注意です。
自力で直せるトイレつまりの症状や原因を知った上で、適切な判断をしましょう。
素人でも対処できる原因の多くは水に溶けるものです。
トイレットペーパーや排泄物、流せるお掃除シートは水に溶けやすいため、単純に流しすぎたことで流れが悪くなったときは素人でも対処できます。
若干流れが悪い程度であれば、放置するだけで自然と溶けて無くなるでしょう。
改善されていなければ、お湯を注ぐと効果的です。
注いだ後は1時間ほど放置してください。
お湯は熱湯の方が効果はあるイメージがありますが、便器が割れてしまう恐れがあるため、必ずぬるま湯を注ぎましょう。
40度から60度が適温です。
さらに、スッポンを使って押し流すとすぐに解決するはずです。
特別な道具も必要がないため、チャレンジしてみてください。

溶けないものは直せない


自力で直せない原因は水に溶けないものです。
おむつや子供のおもちゃ、スマホ、お財布などの小さなものでも重度のつまりを引き起こす可能性があります。
全く流れていかないどころか、汚水が逆流して便器から溢れ出してくることも少なくありません。
そうなると床が浸水し、汚れや臭いがこびりついて張り替えが必要になります。
何度も排水をして流し切ろうとする人もいますが、悪化させる原因となるため水位が高いまま時間を置いても変化がない時は、すぐに業者に連絡をしてください。
排水口の手前に引っかかっている場合は、水を流す前に手を突っ込んで取り出しましょう。
自動で排水されるタイプのトイレは、センサーが反応しないように電源プラグを抜いてください。
その際に水に濡れないよう、ビニール袋などで保護すると感電を防げます。
その状態で業者の到着を待ちましょう。
このように、自分で解消できない場合もあります。
判断に難しい場合は初めから業者に依頼すると安心です。