水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりで中性洗剤を使うときのやり方や注意点について

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりで中性洗剤を使うときのやり方や注意点について

トイレつまりで中性洗剤を使うときのやり方や注意点について

悪化する原因もある


トイレつまりを中性洗剤で直そうと思っている人もいるのではないでしょうか。
スッポンやワイヤー系の道具を使うよりも簡単にチャレンジができますが、注意点があります。
注意点の一つは、中性洗剤では対処できないトイレつまりもあるという点です。
原因によって効果が現れないことがあるため、まずは原因を特定することから始めなければなりません。
一般的に中性洗剤でつまりが直るのは、水に溶けるものだったときです。
トイレットペーパーや流せるお掃除シート、排泄物に効果があります。
また、嘔吐物など油脂が含まれているものに対しても効き目があります。
しかし、固形物や水分を吸収すると膨張するようなものは悪化するため、気をつけなければなりません。

作業する上で気をつけたいこと

注意点として、固形物や水分を吸収すると膨張するものには使ってはいけないことが挙げられます。
しかし、具体的にどのようなものを指すのかわからない人もいるでしょう。
例えば、スマホやお財布などの固形物、水分を含むと膨張するおむつや生理用品などです。
他にもペットのトイレ砂、ティッシュ、ウェットティッシュなども水に溶けないため、基本的には流してはいけません。
落としたことにすぐ気がつくことができれば、手で取り出してください。
一度でも排水すると奥へ吸い込まれていくため、ゴム手袋などを着用して手を突っ込み、ひっぱり出しましょう。
また、中性洗剤単体よりも、お湯と一緒に使うと効果的です。
お湯だけでも溶かす力があるため、併用するとさらに効果がアップします。
しかし、ここでも注意点があります。
それは、お湯の温度です。
熱湯の方が溶かす力が強いイメージがありますが、便器は陶器でできているため、急激な温度差によってひび割れが起きます。
特に、室内の温度も下がる冬場は要注意です。
必ず40度から60度に調整してください。
このように、悪化する場合もあるため中性洗剤を使うときには注意点を知った上で作業することが大切です。
水に溶けないものは自力で対処することが難しいため、業者に依頼しましょう。
重症化する前に依頼すると、修理費も最小限に抑えることができます。