水のトラブルなら水道修理救急サービス|ハンガーを使ってトイレつまりを解消する方法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > ハンガーを使ってトイレつまりを解消する方法とは

ハンガーを使ってトイレつまりを解消する方法とは

子どもが詰まらせた時は


トイレつまりが起きないように日頃から使い方に気をつけている家庭も多いのではないでしょうか。
適切に使用していればトラブルは起きませんが、子どもがいたずらをして詰まらせることも少なくありません。
トイレットペーパーや流せるお掃除シートなどを流しすぎた時とは規模が違い、重症化することも多いため注意が必要です。
子どもがトイレを詰まらせた時の対処法を知っておきましょう。
絶対に行なってはいけないことは、とにかく水を流すことです。
つまりの原因を根本的に対処しなければ、いくら水を流しても解決することはありません。
悪化して便器から汚水が溢れ出す恐れもあるため、押し流すようなことはしないでください。
また、つまりを直す定番の道具にスッポンがありますが、原因がわかっていない時に使用するものも危険です。
まずは原因を特定することから始めましょう。

原因を特定しよう

つまりの原因を特定するときは、闇雲に探るのではなく、しばらく放置することで、大体の予想ができます。
数時間放置した後に便器内の水位を確認してみてください。
水位が下がっていれば、水に溶けるものだと判断することができます。
トイレットペーパーなどがつまっている可能性が高いです。
水に溶けるものは比較的軽度で済むため、自力で対処することができます。
水位を極限まで減らし、40度から60度程度のお湯を注いで1時間ほど放置をしてください。
そうすると自然と溶けて解消されている可能性があります。
重曹やクエン酸、お湯を注ぐのも効果的です。
柔らかくほぐした上でスッポンを使うと、流れやすくなるためチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
放置しても水位が高いままの場合は、おもちゃなど溶けない固形物を流した可能性が高いです。
これは、便器を取り外して取り除かなければならないため、素人では対処が難しいです。
排水口の入り口で引っかかっている場合は手で取り除くことができますが、奥へ進んでいる時は業者に依頼をしてください。
スッポンなどで無理に押し流そうとすると状況が悪くなります。
このように、間違った方法で修理しようとすると悪化するため、子どもが何を流したのかわからない時は業者に依頼しましょう。