水のトラブルなら水道修理救急サービス|アパートでトイレつまりが起きた時の対処法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > アパートでトイレつまりが起きた時の対処法とは

アパートでトイレつまりが起きた時の対処法とは

集合住宅で詰まった時はどうする?


アパートでトイレつまりが起きた時、慌てる人が多いのではないでしょうか。
一戸建ての場合は、水回りトラブルが起きても周りに迷惑をかけることはありません。
しかし、アパートのように多くの世帯が住む集合住宅は配管がつながっているため、一室でトイレつまりが起きると他のお部屋に住む人にまで迷惑がかかる恐れがあります。
早急に解消しなければなりませんが、慌てると間違った方法で修理してしまい、さらに症状が悪化する危険性があるため、正しい対処法を知っておくことが大切です。
原因がトイレットペーパー、排泄物の流し過ぎであれば、比較的簡単に解消することができます。
なぜなら、これらは水に溶けやすいからです。
便器内の水位が高い場合はバケツなどで汲み取り、お湯を注いでしばらく放置してみてください。
1時間ほど経過すると溶けて自然と解消されていることも少なくありません。
お湯は40度から60度に調整するのがポイントです。
熱湯の方が溶けやすい印象がありますが、便器が割れる恐れがあります。
お湯だけでは効果がイマイチの時は、さらにスッポンで押し流すと効果的です。

業者に依頼すると安心

絶対に行ってはいけない対処法は、とにかく排水することです。
溶けるものも、溶けないものも排水管で引っかかっていると、いくら水を流しても下水に流れていくことはありません。
引っかかっている場所が奥に行くほど修理が大規模になり、費用も高額です。
そのため、少しでも流れにくいと感じたら排水するのをやめてください。
このように、アパートでトイレつまりが起きた時の対処法がありますが、異変に気がついた時にはすでに重症化していることも少なくありません。
素人では自力で対処することができない原因もあるため、不安であれば最初から修理業者に依頼することをお勧めします。
また集合住宅の場合、トラブルが起きた時はまず初めに管理会社や大家さんに連絡をしてください。
勝手な判断で業者を呼ぶと、管理会社が費用負担できるものも自己負担になる恐れがあります。
必ず管理会社や大家さんの指示に従って行動しましょう。