水のトラブルなら水道修理救急サービス|つまりが原因でトイレの水の流れが弱いときの解決方法とは

水まわりのトラブルについて

column

つまりが原因でトイレの水の流れが弱いときの解決方法とは

水圧問題は早く解決しよう

top > コラム一覧 > 水圧問題は早く解決しよう


トイレつまりが起きると、流れが弱くなります。
また、流れが弱いと排泄物やペーパー類が下水までたどり着くことができず、排水管などでのつまりが起きやすくなります。
流れが弱い時の解決方法は水圧を上げることです。
今の段階ではつまりが起きていなくても、いつトラブルが起きるかわからないため、出来るだけ早い段階で水圧を改善しなければなりません。
まずは、原因を特定することから始めましょう。
主に3つの原因が挙げられます。
一つは、トイレタンクです。
トイレタンクの中にトラブルが起きると、排泄物などを流すために必要な水が不足します。
タンク内の水量が本来よりも少ない場合は、適正な量に戻すだけで改善できるはずです。
適量の目安はオーバーフロート管の3cmほど下です。
それ以下の場合は不足していると言えます。
二つ目は、便器の中に何かが詰まっていることです。
水に溶けない固形物や、排泄物、ペーパー類などの溶けやすいものが原因になっているかもしれません。
つまっているものを取り除けば解決します。
三つ目は、浮き玉のトラブルです。
タンク内の水位は浮き球が動くことで調整されていますが、その動きに異常が起きると排水量が減ってしまいます。
このように3つの原因があるため、一つずつチェックし異常箇所を特定していきましょう。

素人では直せないケースもある


一つ目や三つ目の原因は素人でも対処することができます。
一つ目の問題はバケツなどで水を足し、三つ目の問題は異常が起きているパーツを取り替えるだけです。
浮き球を支えているアームやボールタップなどもチェックし、壊れているものはホームセンターで購入して交換してください。
位置がずれているだけであれば、手で戻すと水圧が改善されます。
二つ目も、つまりを解消できることがありますが、水に溶けないものが詰まっている場合は取り除かなければならないため、業者に依頼するしかありません。
無理に取り除こうとしたり、排水をして押しながそうとしたりすると悪化する恐れがあります。
重症化すると修理費も高額になるため、何が詰まっているのかわからない場合や溶けないものだと分かっている時は、初めから業者に連絡することをお勧めします。