水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレタンクがつまったときに確認することとは

水まわりのトラブルについて

column

トイレタンクがつまったときに確認することとは

排水口以外の原因も考えられる

top > コラム一覧 > 排水口以外の原因も考えられる


トイレつまりの原因がタンクにある場合があります。
普段、蓋を開けて中を確認することはありませんが、トラブルが起きた時は中身を確認してみてください。
よく起きるトラブルには、タンク内に水が溜まらない、溜まるけど遅い、水量が少ないなどが挙げられます。
これらのトラブルが起きると、トイレつまりが起きやすいため注意しましょう。
はじめに、断水が発生していないか確認する必要があります。
マンションの場合、近所で水道工事を行っているとメンテナンスの一つとして断水させるケースがありますが、これは問題ありません。
工事が終了してしばらくすると復活することが多いです。
工事が行われていない状態でトラブルが発生したら、止水栓をチェックします。
止水栓の開け忘れがあるとタンクに水が溜まらなくなるため、開けると問題なく水が溜まっていく可能性が高いです。
閉まっている場合はマイナスドライバーを使って開けてみてください。

一つずつチェックしていこう


止水栓にも問題がない場合は、タンクの中に取り付けられているパーツを確認していきます。
様々なパーツが設置されていますが、一つでも異常があると正常に動作しません。
特に、浮玉やボールタップ、鎖などは劣化がしやすいです。
時間と共に劣化し、状態が悪くなると切れたり破損したりします。
破損が問題であれば、ホームセンターなどで新しいものを購入して交換すると解決する可能性が高いです。
また、何かのきっかけで位置がずれることも少なくありません。
元の位置に戻すと、問題なく動くでしょう。
また、ボールタップという部品のフィルターの目詰まりが原因であるケースも考えられます。
フィルターは砂や錆が中に入り込まないようにする役割がありますが、ゴミが蓄積されると水の流れが悪くなり、タンク内に水が溜まるスピードが遅くなってしまうのです。
水洗いすることで解決します。
綺麗にした後は再び取り付けてください。
このように、一つずつチェックしていくと原因を特定することができますが、原因不明のトイレつまりが起きることがあります。
自分で調査ができない時は業者に連絡して対処してもらいましょう。