水のトラブルなら水道修理救急サービス|リスクが少ないトイレつまりの対処法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > リスクが少ないトイレつまりの対処法とは

リスクが少ないトイレつまりの対処法とは

失敗の可能性を低くするために知っておきたいこと


トイレつまりを自力で直そうとしたのが原因で、症状が悪化してしまったという人もいるのではないでしょうか。
正しい知識や直す技術がなければ、失敗するリスクがあります。
失敗のリスクが少ないトイレつまりの対処法を知っておきましょう。
一つは、原因がわからないときは業者に依頼することです。
修理業者に依頼するとお金がかかるため、できるだけ自力で対処したいものですが、原因がわからなければ正しい対処法もわかりません。
間違った方法で修理をしてしまうリスクがあるため、何がトイレつまりを引き起こしているのかがわからない時は、初めからプロにお願いするのが一番安心できます。
水に溶けない固形物が原因だとわかっている時も、業者に依頼すると失敗しません。
溶けないものは物理的に取り除かなければ解決しないため、便器の奥へ行くほど取り出しにくいです。
道具などを使って無理に取り出そうとすると、余計に奥へ進んで重症化する恐れがあります。
業者に依頼すると便器の着脱作業が必要になり、費用も高額になる可能性がありますが、いつまでも詰まったままにしておくことができないため、すぐに依頼しましょう。

自力で直すときは

水に溶けるものが原因のときは、比較的軽度で済むため自力でも直すことができます。
市販の道具を使ったり自宅にあるもので代用することもできますが、リスクの少ない対処法はお湯を注ぐ方法です。
便器内の水位をバケツで減らし、排水口に向けて40度から60度に調整したお湯を注ぎます。
注いだ後は1時間ほど放置をすると自然と溶けて解消されていることもあるため、素人でもチャレンジしやすいです。
溶け具合があまい時は、溶けやすい状態を作った上でスッポンを使うと押し流しやすくなります。
スッポンを使うときはカップ部分が水に浸っている必要があるため、バケツなどで調整をしてください。
また、押し込むのではなく、カップ内を真空状態にしたまま引っ張り上げることを意識すると成功しやすいです。
このようにリスクが少ない対処法があります。
自力で直すことが不安な人は、お金をかけてまでも業者に依頼することをお勧めします。