水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりの原因になる意外なものとは

水まわりのトラブルについて

column

トイレつまりの原因になる意外なものとは

トラブルを引き起こす意外なものとは

top > コラム一覧 > トラブルを引き起こす意外なものとは


トイレがつまりを引き起こす原因は様々です。
基本的に、水に溶けないものは流してはいけないため、排水口の奥で引っかかると取り除かなければ解決しません。
子供がおもちゃを持ち込んで、いたずらで便器に突っ込んだり、大人でも誤ってスマホやボールペン、カイロなどを落としたりしてしまうこともあるでしょう。
これらは溶けないものであるため、つまりやすいです。
また、意外なものが原因になることがあります。
例えば、ポイントカードやクレジットカードなどプラスチック製の薄いカード類です。
折れ曲がって管を塞いでしまい、排泄物などが堰き止められて逆流してくる恐れがあります。
薄くて折り曲がるものは流れて下水にたどり着くようなイメージがありますが、つまりやすいものだということを知って上で扱い方に注意してください。

注意が必要なもの


排泄物やトイレットペーパーもトラブルの原因になります。
これらは水に溶けやすいものであるため、意外だと思うでしょう。
適量であれば問題なく流れていきますが、一度にたくさんの量を流してしまうと溶け切らずに排水口の奥で滞ってしまいます。
それを知らずにトイレを使い続けると重症化し、スッポンなどの道具では対処できないほどひどい状況になる恐れがあるのです。
他には嘔吐物も要注意です。
便器に嘔吐すると処理が簡単であるため、風邪やウイルス感染による体調不良やつわりなどで気分が悪くなった時は便器に吐く人も多いですが、胃で消化されていないものは排泄物と異なり、溶けることはありません。
食べ物の油脂が排水管にベトベトをまとわりついてペーパー類や排泄物と絡み合い、水が流れにくくなるため、出来るだけ生ゴミなど便器意外で処分することが大切です。
このように意外な原因があります。
自分で対処できないと判断したら業者に修理を依頼してください。
溶けないものが排水口の奥へ進むと簡単に取り除くことができないため、業者に除去してもらう必要があります。
間違った方法で対処しようとすると余計に奥へ進んで大規模な修理に発展する可能性も考えられるため注意してください。