水のトラブルなら水道修理救急サービス|空き家でトイレつまりが起きたときには

水まわりのトラブルについて

column

空き家でトイレつまりが起きたときには

放置してはいけない空き家

top > コラム一覧 > 放置してはいけない空き家


全国各地に空き家が存在しますが、放置すると老朽化が進んで近隣トラブルや治安が悪くなるなどのデメリットが発生します。
そのため、放置せずにメンテナンスをして、再活用や売却することが大切です。
しばらく放置していた空き家のメンテナンスをしようと様子を見に行った人もいるでしょう。
建物の状態はもちろん、水回りの設備も確認してください。
水回りの設備の中でも特にトイレは通常の住宅と同様に汚れやすく、トラブルが起きやすい場所です。
使用していないのにもかかわらず、つまりを引き起こしていることもあります。
将来的に、空き家を賃貸したり売却したりするのであれば、トイレが使える状態で綺麗にしておかなければなりません。

素人では修理が難しい


長期間使用せずに状態が悪くなっているトイレを素人が修理することは難しいです。
普段から使用していてトイレットペーパーや排泄物が原因でつまりが起きた時は、スッポンを使ったり、お湯や重曹、クエン酸を注いだりすることで解決することはできます。
しかし、排水桝の中に植物の根がびっしりと生えていたり、水道管が変形や陥没していたりすると素人ではどうすることもできません。
また、相続などで受け継ぎ、すぐにお掃除や修理をしていれば素人でも解決することができますが、何年も何十年も放置してしまった場合は水道工事業者に修理を依頼してください。
中には水道管を止めて水が流れないようにする人もいますが、水道を止めるとこれまで水で食い止められていた下水からの臭い、害虫が這い上がってきます。
建物そのものに被害を加えるため、水道を止めるときには注意が必要です。
水道を止めずにいても便器の中に溜まっている水溜りが蒸発をして、封水切れというものが発生します。
封水切れが起きた場合も下水から虫や臭いが上がってくるため注意してください。
水道工事業者に修理をしてもらったら、再び同じ状態にならないように定期的にお掃除をして、つまりが起きないようにメンテナンスをすることが大切です。
維持費や管理費などはかかりますが、空き家でもしっかりと状態維持をしてみてはいかがでしょうか。