水のトラブルなら水道修理救急サービス|凍結が原因でトイレつまりが起きた時には

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 凍結が原因でトイレつまりが起きた時には

凍結が原因でトイレつまりが起きた時には

冬場に起こりやすいトラブル


冬は水回りが凍結することがあります。
凍結は、水道管内部を流れている水が凍ってしまうことが原因で起きるトラブルです。
トイレも気温が下がると凍結によって水が流れなくなる恐れがあります。
しっかりと対策を行なっていれば防ぐことができますが、長期間トイレを使用していない場合などは排水管の内部で水が流れない状態が続くため、凍りやすくなってしまうのです。
内部が凍ると体積が増えて破裂する危険性もあるため、注意しなければなりません。
破裂すると修理費も高額になるでしょう。
さらに、床が浸水したり被害が拡大する可能性も考えられます。
また、水が流れない状態で使用すると、つまりやすくなります。
トイレは日常生活に欠かせない設備であるため、つまりが起きたときの対処法を知っておくことが大切です。

対処の仕方

凍結によりつまりが起きたときは、凍結を対処することから始めましょう。
軽度であれば室内の温度を上げると溶ける可能性があります。
配管が細ければカイロで温めるのも一つの方法です。
カイロがない場合はドライヤーを使って温風を当てるのも効果的です。
時間はかかりますが、ゆっくりと溶かしていくことができます。
しかし、温風をパイプに近づけすぎるのは危険です。
急激な温度変化によって破損する恐れがあります。
お湯をかけるのも効果的だと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
この方法も急激な温度変化によってパイプが破裂する恐れがあるため、熱湯はかけてはいけません。
凝っている部分にタオルを巻いて、ぬるま湯を少しずつかけていきます。
温度は45度から55度を目安にしてください。
これも時間がかかるため、根気強く行うことが大切です。
このような対処法がありますが、重症化している場合は素人では解消できないことも少なくありません。
つまりも悪化している場合は、自力で直すことが難しいでしょう。
無理矢理直そうとして間違った方法で修理しようとすると、被害が拡大することもあるため、業者に依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。