水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレのつまりを簡単に直す方法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレのつまりを簡単に直す方法とは

トイレのつまりを簡単に直す方法とは

素人でも簡単に直せる?


トイレつまりを直すのは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。
便器から汚水が溢れ出してきているなど、重症化している場合は修理業者に依頼しなければなりませんが、軽度であれば素人でも簡単に直すことができます。
自分で対処できれば修理費がかからないため、誰でもできる簡単な方法を知っておきましょう。
一つは、放置することです。
トイレを使用するのをやめてしばらく放置してみてください。
放置することで自然と溶けて解消されていることがあるのです。
手を汚すこともないため、チャレンジしやすいでしょう。
しかし、これは水に溶けるものが原因の時にしか行ってはいけません。
水に溶けないものはいくら放置をしても溶けることはなく、解消しないからです。
業者を呼んで取り除いてもらう必要があります。

お湯も効果的

放置しても改善されない場合は、お湯を注いでから放置すると効果的です。
便器内の水位が高い場合にはバケツや空のペットボトルで汲み取り、水量を減らしておきましょう。
水量を減らすことで溶かす効果が高まります。
お湯は沸騰するほど熱々の方が効果はあるイメージがありますが、40度から60度に調整してください。
トイレは陶器でできており、熱湯をかけると、ひび割れが起きる危険性があります。
お湯でも溶け具合が甘い場合があるでしょう。
その時は、再び便器内の水位を減らした上で、重曹、クエン酸、お湯の順番で注ぎ、放置をしてください。
放置後にスッポンを使って押し流すとより効果的ですが、水に溶けないものが原因の時に押し流すと、余計につまり具合が酷くなるため注意しなければなりません。
また、つまりが解消されたかどうかを確認する際は、いきなり排水レバー、排水ボタンで水を流すのではなく、バケツなどを使って少しずつ注ぐのがポイントです。
万が一、つまりが解消されていなかった時に勢いよく排水をしてしまうと便器から溢れ出してくるからです。
このように、いくつかの注意点がありますが簡単に直す方法があります。
不安な人は初めから業者に依頼するようにしましょう。