水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりを解消できる意外なものとは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりを解消できる意外なものとは

トイレつまりを解消できる意外なものとは

役に立つ意外なものとは?


トイレつまりは意外なもので解消できるケースがあります。
多くの人はスッポンをイメージするでしょう。
しかし、自宅にあるものでも代用することができるため、わざわざ買いに行くのが面倒、時間がないという人はトイレつまりを解消できる意外なものとは何なのか、使い方などを知っておくといいかもしれません。
意外なものの一つは、空のペットボトルです。
排水口に入るサイズ、そして手で力を加えると変形しやすい柔らかいペットボトルを用意しましょう。
まずは底の部分から3センチほどのところでカットし、底がない状態にしてください。
キャップを外し、カットした部分を排水口に入れて、口の部分を手で押さえながら押し引きします。
そうすることで排水口の奥に流れている水に動きが生まれて詰まっているものが流れていくことがあります。
作業中は汚水が飛び散る恐れがあるため、新聞紙やブルーシートを床に敷いたり、汚れてもいい服装で作業しましょう。

ラップやハンガーを使った方法とは

キッチン用品であるラップもスッポンの代わりになります。
便座を上げて大きめのラップを便器に覆っていきます。
この時、隙間なく2、3枚重ねるのがポイントです。
便器内を密封したら一度、排水をしてください。
そうするとラップの中央部分が膨らんでくるはずです。
その膨らみを手のひらでゆっくりと優しく押し込んでいきます。
強く押し込んだり爪を立てると破けて、ラップが排水口に流れていってしまうため注意してください。
勢いよく水が流れていけば、トイレつまりが解消された証拠です。
他にも針金ハンガーを使った方法もあります。
真っ直ぐの直線になるようにハンガーを伸ばし、先端は円を作って持ちやすいようにします。
円を作った側とは違う方向を排水口に差し込んで、詰まっているものを細かく崩すように動かしましょう。
ペーパー類や排泄物が絡み合ってできた塊を崩していくと、流しやすくなります。
このように、自宅にある意外なものを使って解消させることができますが、これらは水に溶けるものが原因の時にしか行ってはいけません。
原因がわからない、溶けない固形物の場合は初めから業者に依頼しましょう。