水のトラブルなら水道修理救急サービス|被害を広げるトイレつまりでやってはいけないこととは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 被害を広げるトイレつまりでやってはいけないこととは

被害を広げるトイレつまりでやってはいけないこととは

とりあえず流すのは危険

とりあえず流すのは危険


トイレつまりが起きた時、慌てる人が多いのではないでしょうか。
汚い水が便器から溢れ出しそうな状況を見ると、誰でも慌てるものですが、対処の仕方を間違えると被害が拡大する恐れがあるため、トイレつまりが起きた時にやってはいけないことについて知っておく必要があります。
やってはいけないことの一つは、大量に水を流すことです。
何度も排水をすると、つまりの原因を押し流せると思っている人も少なくありません。
しかし、これは絶対に行なってはいけない行動です。
トイレから流れる水の量、勢いでは詰まっているものを押し流すには足りず、奥へ押し込んでしまうだけだからです。
特に、水に溶けない異物が原因の場合は、重症化する危険性があります。
奥へ進むと取り出しにくくなり、大規模な修理に発展することがあります。
大掛かりな作業になるほど修理費も高額になるため、水で押し流そうとするのはやめましょう。

道具を使う際も慎重に

道具を使う際も慎重に

詰まった時はスッポンを使用すると効果的だと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
しかし、スッポンを使ったことで重症化してしまったというケースもあります。
スッポンを使っていい場合は、水に溶けるものが原因だった時だけです。
溶けない固形物が原因の時にスッポンを使うと、さらに奥まで押し込んでしまうため、原因がわからない時は使ってはいけません。
便器に熱湯を注ぐ行為もしてはいけないことです。
水に溶けるものはお湯を注ぎ、溶かして解消させることができますが、熱湯は便器を傷める原因になります。
必ず40度以上、熱くても60度までの温度に調整し、流すようにしてください。
また、放置することで自然と溶けて解消される場合がありますが、溶けないものはいくら放置しても状況は良くなりません。
逆に状況が悪化する恐れがあるため、早く対処することが大切です。
このように、トイレつまりが起きた時にやってはいけないことがあります。
やってはいけないことをしたことで悪化すると便器から汚水が溢れ出し、床が浸水するなどの被害を受けます。
自力で直せない場合や原因がわからない時は、被害の拡大を防ぐために初めから業者に修理を依頼しましょう。