水のトラブルなら水道修理救急サービス|築年数が古いトイレがつまりやすい理由とは

水まわりのトラブルについて

column

築年数が古いトイレがつまりやすい理由とは

古いと問題が起きやすい

top > コラム一覧 > 古いと問題が起きやすい


築年数が古いお家に住んでいる人は、水回りのトラブルに気をつけなければなりません。
なぜなら、新築よりもトラブルが起きやすいからです。
水回りトラブルにも様々な問題がありますが、中でもトイレつまりは重症化しやすく、被害が拡大すると修理費も高額になるため、気をつける必要があります。
なぜ、築年数が古いとトイレつまりが起きやすくなるのでしょうか。
一つは、尿石です。
こびりついた尿石によって排水ルートが細くなり、トイレットペーパーや排泄物、流せるシートがひっかかって流れが悪くなってしまうのです。
長い時間をかけて蓄積された尿石は、簡単に除去することはできません。
ホームセンターやドラッグストアなどでも専用の薬剤が販売されていますが、それでも対処できないことが多いです。
通常の汚れとは異なり、尿石は石のように硬く、こびりついています。
便器の表面は日頃からお掃除をしていれば清潔さを保てても、排水管の中まではお掃除していないという人も多いでしょう。
手が届かない場所であるため、簡単にお掃除することはできませんが、定期的に排水管用の洗剤を流して汚れを取り除くことが大切です。
それでも蓄積された尿石は業者に依頼して除去してもらうか、排水管そのものの交換が必要になります。

構造部分の影響


築年数を重ねると構造にも影響を与えることがあります。
特に、排水管などのパイプは影響を受けやすいです。
年数が経ってくると、まっすぐに伸びていたパイプが変形したり、陥没したりしてしまうのです。
地震などのきっかけで、脆くなったパイプが簡単に破損する恐れもあります。
構造の部分は素人では確認することができないため、修理することはできません。
何か異物を流したわけではないのにもかかわらず、流れが悪いと感じたら構造部分にトラブルが起きていると疑いましょう。
このように、築年数が古いとトイレつまりが起きやすくなります。
素人での対処には限界があるため、無理に使い続けようとせず、業者に対処してもらうことが大切です。
被害が最小限のうちに対処することができれば、修理費も安く抑えることができます。