水のトラブルなら水道修理救急サービス|タオルが原因でトイレつまりが起きた時には

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > タオルが原因でトイレつまりが起きた時には

タオルが原因でトイレつまりが起きた時には

どこでトラブルが起きているか確認しよう


トイレつまりの原因は様々ですが、意外なものがつまりを引き起こすことがあります。
例えば、タオルです。
意図的に流す人はいませんが、トイレ掃除に使っていたタオルを誤って落としてしまい、そのまま流してしまうことは少なくありません。
落ちた時にすぐ取り除けばつまりませんが、自動洗浄タイプのトイレはセンサーに反応して、タオルを取り除く前に排水してしまうこともあります。
タオルによるつまりは重症化しやすいため、すぐに対処しましょう。
まずは、どこにひっかかっているのか確認することから始めます。
原因のある場所によって対処の仕方が異なるため、闇雲に修理をするのはやめてください。
一般的には、排水管と便器の2箇所で問題が起こりやすいです。
トイレから一番近い点検桝を開けて、汚水が溜まっているかどうかチェックしてみてください。
溜まっていれば排水管、溜まっていない場合は便器で問題が起きている可能性が高いです。

問題が起きている場所によって異なる対処法

排水管に問題がある場合の対処法は、点検桝にワイヤーブラシを入れ、先端でタオルを引っ掛けて取ります。
回転したり前後に動かすと絡みとることができるでしょう。
ワイヤーブラシだけでなく、ワイヤー式のパイプクリーナーも活躍します。
ホームセンターなどで様々な種類が販売されているため、扱いやすいものを選んでみてください。
便器で詰まっている時は、手で引っ張り出すことができるかチャレンジしてみてください。
ゴム手袋などを着用して、排水口から手を突っ込み探ります。
手で掴める場所で引っかかっていれば、そのまま引っ張り出してください。
このように対処していきますが、排水桝の場所がわからない場合や、ワイヤーブラシを使ってもなかなか取り出せないこともあるでしょう。
便器でも排水口に手が入らなかったり、届かない場所まで進んでいることもあります。
自力で対処することが難しいときは、業者に依頼することをお勧めします。
便器を取り外し、専用の道具を使って対処してくれるため、安心です。
便器は素人でも取り外すことが可能ですが、間違った方法で着脱作業をすると、失敗したり被害が拡大する恐れがあるため、プロにお願いすることが大切です。