水のトラブルなら水道修理救急サービス|ハンガーを使ってトイレつまりを解消する方法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > ハンガーを使ってトイレつまりを解消する方法とは

ハンガーを使ってトイレつまりを解消する方法とは

針金ハンガーを加工するとパイプクリーナーの代わりになる


排水口の奥を覗くとトイレつまりの原因が見えることがあります。
トイレットペーパーや流せるお掃除シート、排泄物などの塊は、突っついて小さくほぐすと流れていく可能性がありますが、直接手を使うのは抵抗があるでしょう。
割り箸の長さでも足りない場合に活躍するのがハンガーです。
どの家庭にもお洋服をかけるハンガーがあるはずですが、プラスチック製ではなく100円ショップでも販売している針金タイプを用意してください。
針金ハンガーを少し加工すると、トイレつまりを直す道具になります。
まずは、一本の直線になるように伸ばしてください。
ペンチを使って取っ手部分をカットします。
そして、どちらかの先端を丸めて輪を作ります。
このように加工するとパイプクリーナーの代用になるのです。

作業の仕方

加工した後は、輪になっている先端部分を排水口に突っ込みます。
奥まで差し込み、つまりの原因に当たったら細かく動かして削っていきましょう。
この時、大きく動かすと水が流れて原因が奥へ進んでしまい、作業がしにくくなるため優しく、小刻みに削っていくのがポイントです。
なかなか削れない時は、お湯を注いで柔らかくほぐした状態で行うと、削りやすくなります。
便器内の水位を減らし、お湯を注いでしばらく放置した後に突っついてみてください。
少しずつ削っていくと、堰き止められていた水が流れるようになっていくため、ある程度流れたらバケツやペットボトルなどを使って流していきます。
この時も少しずつ水を流していきましょう。
一気に大量の水を流したり、排水レバー、排水ボタンを使うと便器から汚水が逆流してくる可能性があります。
水が問題なく流れていけば、つまりが解消された証拠です。
このように、針金ハンガーを使って直すことができますが、水に溶けない固形物が原因の時は奥へ押し込み、重症化する恐れがあるため注意してください。
先端の輪に引っ掛けて取り出すことも可能ですが、手探りで行わなければならないため難しいです。
業者に依頼し、取り除いてもらいましょう。
何が詰まっているのかわからないときも業者に任せると安心です。