水のトラブルなら水道修理救急サービス|便器の交換が必要なトイレつまりの症状とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 便器の交換が必要なトイレつまりの症状とは

便器の交換が必要なトイレつまりの症状とは

水を含むと膨張するものは危険


トイレつまりは重症化すると便器の取り外しが必要になるケースがあります。
着脱作業が必要になるトイレつまりの症状は、水を含むと膨張するものがつまり、便器内の水位が全く引いていかない状態です。
水を含むと膨張するものは、紙おむつや生理用ナプキンなどが挙げられます。
これらは吸収力に優れている製品であり、トイレに流すと排水管の中で流れている水をどんどん吸収して膨らんでいきます。
膨張するとパイプ内いっぱいに膨らみ、完全に水の流れ道を遮ってしまうのです。
奥へ行くほど排水口から引っ張り出すのも難しくなります。
トイレットペーパーや流せるお掃除シートは水に溶けますが、同じ紙製品であっても紙おむつや生理用ナプキンは水に溶けないため、便器に流さないようにしましょう。
流してしまった時は、早い段階で業者に除去してもらってください。

溶けない固形物は要注意

スマホやメガネなどを流してしまった時も取り外しが必要です。
排水口の出口は直径が7.5cmほどであるケースが多く、スマホやメガネが簡単に通ってしまいます。
さらに、排水すると勢いよく排水管の方に吸い込まれて行きます。
また、便器内はS字カーブのトラップがあり、引っかかりやすいです。
トラップで引っ掛かると排水口から取り出すことが難しいため、着脱作業が必要になります。
このように、便器の取り外しが必要になる場合は、水に溶けない固形物を流してしまった時です。
溶けるペーパー類や排泄物は絡み合って大きな塊になってしまったとしても、お湯を注いだり時間をおくことで自然と溶けて解消されることがありますが、溶けないものは重症化しやすいため、日頃から流さないように注意してください。
また、流してしまった時は水で押し流そうとせずに、除去作業をしましょう。
何度も排水をしたり、スッポンなどで押し流そうとすると症状が悪化して便器から汚水が溢れ出してきます。
排水口の手前に引っかかっていれば手を突っ込んで引っ張り出すことができるはずです。
手が届かない場所に進んでしまった時は、無理せずにプロにお願いすることをお勧めします。