水のトラブルなら水道修理救急サービス|保険で水回りのつまり修理がお得になるのか

水まわりのトラブルについて

column

保険で水回りのつまり修理がお得になるのか

自己負担額を減らすために

top > コラム一覧 > 自己負担額を減らすために


トイレつまりは業者に修理を依頼するしかないケースがあります。
重症化すると修理費も高くなるため、自己負担を出来るだけ最小限に抑えるためにも、保険が適用されないか気になるでしょう。
水回りトラブルは火災保険が適用されることがあります。
一見関係のないように思えますが、無関係だと思い込まず火災保険の保障範囲内を確認してみてください。
その際に、注意しなければならないことがあります。
それは、つまりそのものの修理費には適用されないことです。
トイレのつまりが起きたことで汚水が溢れ出し、家財や建物に生じた損害と、その修理にかかった費用を負担してもらえるという事例が多いため、詰まったものを取り除く費用は自己負担となります。

ご近所さんにも迷惑をかけるかもしれない


集合住宅の場合、詰まったことで便器から汚水が溢れ出し、隣の部屋にまで被害が拡大することがあります。
自分の家だけでなく、隣や下の階の住人にまで迷惑をかける恐れがあるため、注意してください。
被害が大きいと損害賠償を請求される可能性もあります。
そのことが原因となり関係性が悪化して、集合住宅に住みにくくなることもあるでしょう。
損害賠償を求められた時は、必ず早急に対応してください。
その際に、火災保険に入っていれば床や壁、天井の張り替えにかかる費用を保険会社が負担してくれることもあるため、まずは加入している会社に連絡をしましょう。
どこから漏れ出したのか、なぜそのような事態になったのかなどを把握しておかなければ、正しく状況を伝えることができないため、わかる範囲で調べておく必要があります。
水道工事業者などに調べてもらうのも一つの方法です。
多くの人は慌ててしまい、適切な判断ができなくなりますが、間違ってもトイレの排水をしてはいけません。
原因を取り除かなければ、水を流すだけでも重症化します。
水を流せば一緒に押し流れていくようなイメージがありますが、逆流する場合には、すでに悪化している可能性が高いため、確認が必要です。
また、マンションによっては加入している保険から保証される場合もあるので、確認するようにしましょう。