水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりが重症化する原因とは

水まわりのトラブルについて

column

トイレつまりが重症化する原因とは

異変に気がついたら使用をやめよう

top > コラム一覧 > 異変に気がついたら使用をやめよう


軽度のトイレつまりが、いつの間にか重症化していることも少なくありません。
なぜ重症化するのか原因を知り、被害の拡大を回避しましょう。
一つは、つまりが完全に解決していない状態で使用し続けることです。
トイレは通常、ある程度の水位が保たれていますが、つまりが起きると高くなることがあります。
時間と共に水位が引いていけば、使用しても問題がないと思ってしまいがちですが、症状が悪化して完全に流れなくなり逆流してくる危険性も考えられます。
少しでも異変を感じた時は使用をやめて、軽度のうちに解決することが大切です。
また、時間が経てば水位が下がっていく場合は、水に溶けるものが原因である可能性があります。
例えば、トイレットペーパーや排泄物などです。
これらは、水に溶けやすいですが、一度に大量に流すと溶けきらないまま排水管に滞ってしまいます。
そのような状態で再びトイレを使うと、どんどん蓄積されていってしまうため、お湯を注いで溶かしてからスッポンで押し流してください。

使ってはいけない場合もある


水に溶けない固形物を流した際に、スッポンを使って押し流す行為も重症化する原因として挙げられます。
スッポンはつまりに効果的な道具ですが、使ってはいけない場合があるのです。
基本的には、水に溶けない固形物は押し流してはいけません。
物理的に取り除かなければ症状は改善されるどころか、奥へ進んで取り出しにくくなり、ペーパー類や排泄物と絡み合って完全に流れなくなってしまいます。
手が届かない場所でトラブルが起きると、便器を取り外して作業することになります。
大掛かりな作業になるほど、修理費も高額になるため何が詰まっているのかわからない状態でスッポンを使うことはやめましょう。
溶けない異物を落としたことにすぐ気がついた時は、手で取り出せることもあるはずです。
特に、スマホなど排水口より大きなサイズは手前で引っかかっているため、手を突っ込んで取り出してください。
自力では直せないケースもあるため、その判断が難しい時は最初から業者に依頼することをおすすめします。
軽度であれば修理費も少額で済みます。