水のトラブルなら水道修理救急サービス|家にあるアイテムでトイレつまりを解消する方法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 家にあるアイテムでトイレつまりを解消する方法とは

家にあるアイテムでトイレつまりを解消する方法とは

道具を買いに行かなくても解消する方法

道具を買いに行かなくても解消する方法


トイレつまりは専門道具がなくても解消できるケースがあります。
お家にあるアイテムが活躍することもあるため、わざわざ買いに行く必要がありません。
例えば、ペットボトルです。
少し加工が必要ですが空のペットボトルをスッポンの代用品として使うことができます。
まずは、トイレの排水口にはまるサイズのペットボトルを用意しましょう。
500mlほどのペットボトルで問題ありません。
用意したら容器の下側をカットします。
蓋は外しておいてください。
そのカットした部分を排水口の奥まで差し込み、ペットボトルの口を指で塞いだ状態で押し引きします。
この動作を繰り返すと、排水口の奥に流れている水が動き、つまりを解消させることができるのです。
手が汚れる恐れがあるため、ゴム手袋を着用した上で作業してみてください。

パイプクリーナーの代わりになるものとは

パイプクリーナーの代わりになるものとは

針金ハンガーもどのお家にもあるアイテムの一つではないでしょうか。
プラスチック製ではなく、100円ショップでも販売されている針金タイプを用意してください。
針金ハンガーは先端にブラシがついているパイプクリーナーの代用として活躍します。
まずは、一本の直線になるようにハンガーを伸ばし、先端は輪を作るように曲げます。
輪に曲げた方を排水口に突っ込んで、詰まっているものを探し小刻みに動かして少しずつ削っていきましょう。
削っていくうちに原因が小さくなって水が流れるようになっていくはずです。
ある程度流れるようになったら、バケツを使って少しずつ水を流していきます。
この時、いきなりレバーやボタンを使って排水をすると便器から汚水が溢れ出してくる危険があるため注意してください。
バケツを使って水を流した時、いつも通りに流れるようになれば解消された証拠です。
このように、お家にあるアイテムで解消させることができますが、これらは水に溶けるものが原因だった時にしか用いてはいけない方法です。
水に溶けないものがトイレつまりの原因になっていれば素人では対処できない可能性が高いため、原因不明の場合も下手に触らず、水道工事業者に修理を依頼しましょう。