水のトラブルなら水道修理救急サービス|賃貸物件でトイレつまりが起きたときには

水まわりのトラブルについて

column

賃貸物件でトイレつまりが起きたときには

一戸建てとは異なること

top > コラム一覧 > 一戸建てとは異なること


賃貸物件で水回りのトラブルが起きると慌ててしまうでしょう。
一戸建てであれば、つまりなどが起きて水が溢れ出してきても被害を自宅でとどめることができます。
しかし、賃貸物件やマンションの場合は、下の階に住んでいる人や隣のお部屋にまで迷惑をかけてしまうケースがあります。
汚水がトイレから逆流して、天井や壁から水漏れが起きると、損害賠償を支払うことになる場合や関係性が悪くなって住みにくくなる恐れもあるのです。
トラブルが起きないように、日頃からトイレの使い方を間違えないように気をつけ、定期的にお掃除をして、つまりを回避させましょう。
しかし、普段から気をつけていてもトラブルが起きる可能性をゼロにすることはできません。
賃貸物件で水回りトラブルが起きたときの対処法を知っておくことが大切です。

はじめに連絡をしよう


トイレつまりが起きた時に、はじめに行うことは賃貸物件の管理会社に連絡することです。
勝手に個人で修理業者を選んでしまうと、管理会社との間でトラブルが起きる可能性があります。
また、適用されるはずだった保険が適用されず、自己負担で迷惑をかけてしまった費用を補わなければならなくなるかもしれません。
しかし、管理会社ではなく大家さんに連絡をしなければならないケースもあるため、注意してください。
中には、問題が起きたことを隠そうとして水で押し流そうとしたり、自分で無理に修理しようとする人がいますが、悪化する恐れがあります。
少し流れにくい状態であったとしても、間違った方法で直そうとすると一気に汚水が逆流してきて床が浸水する可能性があるため、間違った判断をしてはいけません。
このように、自分で対処することができないトラブルは、管理会社に連絡をして、提携している業者などに修理してもらうことになります。
手順を知っておけば慌てずに対処していくことができるため、管理会社の連絡先をメモしておくことや火災保険の内容をチェックしておくといいでしょう。
提携している水道工事業者がなければ、自分自身で探して依頼することができるため、業者選びに時間をかけないためにも事前に信頼できるところを探しておくことをおすすめします。