水のトラブルなら水道修理救急サービス|水の勢いを利用してトイレつまりを解消する方法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 水の勢いを利用してトイレつまりを解消する方法とは

水の勢いを利用してトイレつまりを解消する方法とは

方法と注意点


手で直接取り除くことができないトイレつまりを直す方法はいくつかありますが、水の勢いを利用して押し流すという方法も一つです。
トイレつまりが起きた時は闇雲に排水をしてはいけないと聞いたことがある人もいるでしょう。
しかし、原因によっては水の勢いで流してしまっても問題ないのです。
その原因とは、水に溶けるものです。
溶けないものを無理やり押し流すとつまり具合が酷くなる恐れがあるため、必ず取り除かなければなりません。
手が届かない場所まで流れてしまった時は、業者に依頼をして取り除いてもらいましょう。
トイレットペーパーや流せるお掃除シート、排泄物などは水の勢いで流しても問題ありません。
便器内に溜まっている水を減らし、バケツなどを使って水を注いでみてください。
この時、水の流れが細くなるように少しずつ注いでいくのがポイントです。
また、高い位置から流すと勢いが増して、つまりを起こしているものを押し流しやすくなります。

溶けやすくなった状態で押し流すと効果的

水の勢いを利用する方法は、水に溶けるものであることと、少量だった時にしか行ってはいけません。
溶けるものでも大量に詰まっている場合は、勢いをつけても流れない可能性があります。
余計に症状がひどくなり、便器から汚水が溢れ出してくる恐れがあるため要注意です。
大量に詰まっている場合は、お湯を注ぐといいでしょう。
便器内の水位を極限まで減らし、40度から60度のお湯を注いでしばらく放置すると溶けやすくなります。
固まったペーパー類、排泄物が柔らかくほぐれていくと水の勢いで流れていくこともありますが、スッポンなどで押し流した方が解消される可能性が高いです。
お湯でも溶け具合が甘い場合には重曹、クエン酸、お湯の順番で注ぎ放置します。
重曹は普段のお掃除でも使用することのあるものを用意し、クエン酸は調味料であるお酢で問題ありません。
このように、勢いを利用する方法がありますが、何が詰まっているのかわからないこともあるはずです。
その場合は、下手に触ると悪化する恐れがあるため、業者に依頼することをお勧めします。