水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりを道具で解消する方法とは

水まわりのトラブルについて

column

トイレつまりを道具で解消する方法とは

使い方がそれぞれ異なる

top > コラム一覧 > 使い方がそれぞれ異なる


トイレつまりは、道具を使って直すことがほとんどです。
これまでトラブルを経験したことがなかった人は、どのような種類があるのか、どれを使えば効果的なのかわからないこともあるでしょう。
慣れないと使いこなせないものもあれば、素人でも簡単に扱えるものなど様々です。
また、トイレつまりの原因や症状の度合いに適切なものを選ばなければなりません。
間違ったものを選ばないように、種類や特徴を知っておくことが大切です。
定番の道具といえば、ラバーカップとも呼ばれるスッポンをイメージする人が多いのではないでしょうか。
これは、水に溶けるものが原因の時に活躍します。
便器の排水口のサイズ、形状によって合わないものがあるため要注意です。
和式、様式でも形状が異なるため、自宅に設置しているトイレのタイプと同じものを選んでください。
スッポンと同じように圧力を利用して解消する真空式パイプクリーナーは、スッポンよりも強力であるため、なかなか解消できない時に使うといいでしょう。

扱い方の難易度


排水管の汚れが原因の時はピーピースルーという薬剤を使うと効果的です。
パッケージに書かれている手順通りに注ぐだけであるため、日頃のお掃除として使うためにも一つ持っておくといいでしょう。
慣れていないと扱いにくい道具もあります。
例えば、ワイヤーブラシです。
細長いワイヤーの先端にブラシがついたもので、排水口から挿入してつまりの原因となっている異物をひっかけて取り出すことができます。
水に溶けない異物は、このような方法で取り出すことができますが、失敗すると奥へ押し込んでしまうため慎重に作業しなければなりません。
高圧洗浄機も扱いが難しい機器です。
家庭用のものも販売していますが、威力が弱い場合や床が水浸しになるため、業者に依頼することをお勧めします。
また、これは水圧で汚れを落とすものであるため、異物が原因の時は使ってはいけません。
使用すると押し込まれて余計に症状がひどくなります。
このように様々な種類があり、難易度もそれぞれ異なります。
不安であれば業者に依頼することも検討してみてください。