水のトラブルなら水道修理救急サービス|水圧が原因でトイレつまりが起きた時には

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 水圧が原因でトイレつまりが起きた時には

水圧が原因でトイレつまりが起きた時には

タンクの中に問題が起きている


トイレの水圧が弱い家庭もあるのではないでしょうか。
水圧が弱いとつまりが起きやすくなります。
通常は、排泄物やペーパー類がしっかりと下水に流れていくように水量が調整されていますが、弱いと途中で滞ってしまうのです。
水圧が弱い原因は主に2つあります。
1つは、トイレタンクの中の水が少ないことです。
タンク式は水が落ちる勢いで水の流れを作るため、タンクの中の水量が少ないと、勢いが弱くなる仕組みをしています。
そのタンク内の水量が少なくなる原因は、フロートバルブやボールタップなどのパーツに問題が起きていることが考えられるため、劣化しているものは新しいものに交換し、位置がズレているものは正しい場所に戻すと解決するでしょう。
この原因は素人でも解決することができるため、タンクの中をチェックしてみてください。

便器の奥で詰まっている

つ2つ目の原因は便器の奥でつまりが起きているということです。
水圧が弱いとつまりが起きやすいですが、逆につまりが起きていても水圧が弱くなります。
便器の奥は目で確認することができませんが、調べる方法はタンク内の水位をチェックすることです。
標準水位はオーバーフロー管の先端部分から2、3センチ下です。
種類によっては標準水位が記されているものもあるため、確認してみてください。
水位が標準通りであれば便器の中で詰まっている可能性が考えられます。
詰まっているものが水に溶けるものであれば、スッポンで押し流したり、お湯を注いで溶かすことができますが、溶けない固形物は取り除かなければ解決しません。
奥へ行くほど取り除くことが難しいため、業者に対処してもらいましょう。
詰まったものを取り除けば、水圧も改善されるはずです。
このように、水圧が弱い原因と対処法がありますが、自力では特定できないことも少なくありません。
闇雲に探ると、より症状がひどくなったり、故障する恐れがあるため、わからなければ最初から業者に依頼することをお勧めします。
トイレは日常生活に欠かせない設備なため、トラブルが起きた時は放置せず早い段階で業者に依頼することが大切です。