水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりが頻繁に起こる理由とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりが頻繁に起こる理由とは

トイレつまりが頻繁に起こる理由とは

頻繁に起こる場合は要注意


トイレが頻繁につまりを起こすという家庭もあるでしょう。
スッポンなどを使うと一時的には解消されても、再びトラブルが起きる場合は、根本的なつまりの原因を解決していない可能性があります。
原因の根本を突き止め、対処しなければいずれ重度のトラブルを招く危険性があるため、頻繁に起こるつまりは放置しないように注意してください。
原因の突き止め方は様々ですが、素人ができる方法は放置することです。
長期間の放置はしてはいけませんが、使わない状態でしばらく時間を置いてみましょう。
高かった水位が時間と共に引いていけば水に溶けるもの、逆に水位の変化がない場合は水に溶けないものだと判断することができます。
元々水位が低い場合は、確かめるために一度レバーやボタンの「小」を使って排水をしてみてください。
溢れ出してくる心配があればバケツを使って少しずつ流してみるとわかるでしょう。
スムーズに排水されなければ詰まっている証拠です。
水位をチェックし、ある程度の原因を見極めてみてください。

業者に相談しよう


水に溶けるものといえば、トイレットペーパーや流せるお掃除シートなどが挙げられます。
普段からトイレットペーパーの使用量が多いという人もいるのではないでしょうか。
お掃除シートも溶けるように作られていますが、一度にたくさん流すとトラブルを招きます。
使用量が多い時は複数回に分けて流すようにすると症状が改善されるでしょう。
溶けないものの場合は、便器の奥に引っかかっている異物を取り除かなければなりません。
着脱作業が必要になるケースもあるため、業者に修理を依頼してください。
また、便器そのものが古く、日頃のお掃除では取り除けない汚れが付着している可能性も考えられます。
この場合は便器を新しくしなければ解決しないでしょう。
場合によっては高圧洗浄で解決することもあるため、業者に相談し、適切な対処法を施してください。
このように頻繁に起こるトラブルは、簡単に直せるものもあれば素人では対処できないケースがあります。
しっかりと見極めて、重症化する前に対処することが大切です。