水のトラブルなら水道修理救急サービス|割り箸でトイレつまりを解消する方法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 割り箸でトイレつまりを解消する方法とは

割り箸でトイレつまりを解消する方法とは

お家にあるもので代用しよう


トイレつまりは自宅にあるものを使って解消できるケースがあります。
家にあるものを使うことができれば、ドラッグストアやホームセンターに道具を買いに行く必要がないため、負担が減るでしょう。
キッチン用品であるラップや重曹、お酢、お湯を注ぐ方法などがありますが、割り箸も活躍します。
割り箸を使った方法はとても簡単であるため、修理に自信がない人もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
まずは、トイレつまりが起きている場所を探ります。
割り箸を排水口に入れてゆっくり動かしていきましょう。
勢いよく動かすと水の流れによって奥へ進み、割り箸でも届かないほど奥へ流れてしまう恐れがあります。
場所を把握したら割り箸で突っついてみてください。
何度か突っつくと小さくほぐれていくはずです。
小さく細かくなると自然と溶けて解消されることがあるため、しばらく放置して解消できたか確認をしましょう。

なかなかほぐれない時は

突っついても、なかなかほぐれない時もあるでしょう。
その場合は、お湯を注いで放置し、溶けやすい状態を作ってから作業すると効果的です。
お湯は熱湯のほうが溶けやすいと思うかもしれませんが、便器がひび割れなど破損する原因になるため必ずぬるま湯に調整してください。
適温は40度から60度です。
注いだ後は1時間ほど放置をして、割り箸で突っついてください。
ある程度ほぐれたら水を流して押し流しますが、この時、排水レバーや排水ボタンを使ってはいけません。
ほぐれ具合が甘いと便器から汚水が溢れ出してくるため、バケツなどを使って少しずつ注ぐ必要があります。
このように、割り箸を使った方法は簡単ですが、原因によってはやってはいけない場合もあるため注意してください。
特に、水に溶けない固形物の場合は要注意です。
割り箸ではさみ、掴み取り出すことも可能ですが手が滑って奥へ流れてしまう恐れがあります。
奥へ進むほど重症化しやすく、修理作業も大掛かりになるため溶けない固形物は業者に依頼しましょう。
トイレつまりの原因を特定できない場合にも業者にお願いすると安心です。