水のトラブルなら水道修理救急サービス|知っておきたいトイレつまりの相場について

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 知っておきたいトイレつまりの相場について

知っておきたいトイレつまりの相場について

自力で直せる場合はお金がかからない


トイレつまりを修理する際には、どれくらいのお金がかかるのか相場が気になる人もいるのではないでしょうか。
相場はトイレつまりの原因、症状によって変動します。
軽度であれば自力で対処することができるため、道具を買い揃えるだけで済みます。
道具によって料金が異なりますが、スッポンは100円ショップでも販売されており、お湯で溶かす方法はバケツが自宅にあれば、お湯を沸かすだけで済むため、お金がかかりません。
また、スッポンを買わなくてもキッチン用品であるラップでも代用することができます。
できるだけトイレつまりの修理にお金をかけたくない人は、軽度のうちに対処することが大切です。
水に溶けないものが原因の時は、軽度では済まないケースが多いため、溶けるペーパー類や排泄物以外のものを流してしまった時は注意してください。

症状がひどくなるほど費用が高くなる

中度、重度になると、簡単に修理することができないため、相場も高くなります。
基本的には業者に依頼することになるでしょう。
業者によっても料金設定が異なりますが、基本料金に4000円ほどかかり、作業に使う道具の種類で費用が変わってきます。
例えば、トーラーを使用する場合は1万円以上、薬剤は8000円以上、高圧洗浄機は5万円以上かかります。
便器の着脱作業が必要になればプラスで2万円ほどかかることも少なくありません。
本体の交換が必要になると、購入価格も発生するため要注意です。
また、依頼する時間帯が深夜、早朝であれば割増料金が発生したり、出張料がかかることもあるため、高額になりやすいです。
見積もりは無料の場合が多いですが、中にはお金がかかることもあるため、お問い合わせ時によく確認をしましょう。
このように、症状によって費用が変わってきます。
自力で直せるケースはお金がかかりませんが、無理に直そうとするのは危険なため、業者に依頼してください。
依頼するタイミングが遅くなるほど症状が悪化し、費用も高くなる傾向にあるため、水に溶けるもの以外はすぐに業者を呼びましょう。
原因がわからない時も最初から業者に依頼すると安心です。