水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりの解消に必要な道具とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりの解消に必要な道具とは

トイレつまりの解消に必要な道具とは

代表的な道具といえば


トイレつまりが起きたときに使う修理道具は様々な種類がありますが、どれを使用すると効果的なのかわからない人も多いのではないでしょうか。
道具によっては専門業者でないと使うのが難しいものもあるため、素人でも扱いやすい種類を選ぶことが大切です。
手に入りやすく扱いやすいものの一つは、ラバーカップとも呼ばれるスッポンです。
昔からあるため、見たことがあったり、使ったことがある人も多いでしょう。
選ぶ際のポイントは、カップ部分の大きさとトイレの種類です。
洋式であれば洋式用、和式であれば和式用を選んで、排水口の大きさに合うものを選ぶ必要があります。
また、スッポンはカップ内を真空にして使うものであるため、ある程度の水位が必要です。
多すぎると溢れ出してくるため、カップ部分が浸る程度に調整して排水口に密着させ、ゆっくりと押し込んで角度を変えないまま勢いよく引っ張ってください。
よく押し込むようにして使う人がいますが、引っ張って圧力でつまりを押し流すのが正しい方法です。
軽度のつまりであれば、この方法で解消されるでしょう。

お家にあるものでも解消できる


トイレットペーパーや排泄物、お掃除シートなど水に溶けるものがつまりの原因だった時は、重曹、クエン酸、お湯を使う方法も効果的です。
重曹は普段のお掃除で使うもので問題ありません。
クエン酸は調味料のお酢で代用できます。
お湯は40度から60度に温度を調整してください。
熱湯の方が効果は強そうなイメージがありますが、陶器でできている便器は激しい温度差によって、ひび割れする恐れがあるため要注意です。
重曹、クエン酸、お湯の順番で排水口に注ぎ、1時間ほど放置すると溶けて解消されていることがあります。
効果を強めるために排水口の水量は極限まで減らした状態で行ってください。
他にも、ワイヤー式パイプクリーナーなどの道具がありますが、基本的に水に溶けるものが原因の時にしか市販の道具は使えません。
無理に対処しようとすると悪化する恐れがあります。
高圧洗浄機なども家庭用で販売していますが、扱いにくく業務用より威力が弱いため最初から業者にお願いすることをお勧めします。