水のトラブルなら水道修理救急サービス|早くトイレつまりを直したいときには

水まわりのトラブルについて

column

早くトイレつまりを直したいときには

使えないと不便

top > コラム一覧 > 使えないと不便


トイレのつまりが起きたら、使用することができません。
流れにくい状態で無理に使ってしまうと、症状が悪化する恐れがあるため、必ず解消してから使うようにしましょう。
しかし、直るまではトイレが使えない状態が続くので、生活に支障をきたすこともあります。
出来るだけ早く解消するための方法を知り、試してみてはいかがでしょうか。
早く直すポイントの一つは、慌てずに状況を正しく把握することです。
レバーを何回も回したり、ボタンを押したりして、水で流し切ってしまおうとする人もいます。
しかし、つまりが起きている状態で流しても堰き止められて便器から逆流してくることがあるため、水を流すことはやめてください。
まずは原因を特定することから始めましょう。
原因がわかれば適切な対処法が分かり、早く解消することができます。
特定方法は水位のチェックです。
触らずに排水口を覗いて、何が詰まっているのか見てみてください。
わからなければ30分から1時間ほど放置をして水位の変化を確認します。
下がっていれば溶けるものである可能性が高いため、すっぽんや薬剤を使って対処しましょう。
逆に、水位が高いままであれば溶けないものであるため、業者を呼ぶしかありません。

業者にお願いするのも一つの方法


すっぽんを使う時は、お湯を注いで30分ほど放置してから使用すると道具の効果が高まるため、スムーズに解決するでしょう。
また、ゴムの部分が水に浸っていなければ効果がないため、水位が減っていればバケツなどで調整してください。
あまりにも水量が多い場合は床に汚水が飛び散るため、ペットボトルなどの容器を使って調整する必要があります。
手や床の汚れを防ぎたい場合は、トイレを覆うことができるサイズのゴミ袋を用意し、底の部分に穴を開けてそこからすっぽんの柄の部分を入れて使ったり、床にブルーシートを敷くといいかもしれません。
適切に使えば、すぐにつまりの原因が押し流れていくでしょう。
水に溶けるものが原因で症状も軽度であれば、自分で解消することができますが、今すぐにでも直したい場合は業者に依頼してください。
すぐに駆けつけてくれる業者にお願いをすると、自分で修理をするよりも早く直るはずです。