水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりで水位の上昇や汚水の溢れが起きたときには

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりで水位の上昇や汚水の溢れが起きたときには

トイレつまりで水位の上昇や汚水の溢れが起きたときには

水を流すのは危険

水を流すのは危険


トイレつまりが起きると、便器内の水位が上昇することがあります。
重症化すると汚水が溢れ出してくることも少なくありません。
なぜ、水位が上昇したり、汚水が溢れ出してくるのかというと、排水口の奥に何かが詰まっており、水が流れる隙間がないからです。
隙間がない状態で排水を行うと汚水が逆流してきます。
床や壁が汚れる、浸水するなど被害が拡大する恐れがあるため、適切に対処しなければなりません。
最も行ってはいけない対処法は、とにかく水を流すことです。
何度も排水するといずれつまりの原因が流れていくと勘違いしている人も少なくありませんが、トイレから流れる水の量、勢いでは原因を押し流すことができません。
稀に流れていくことがありますが、重症化するリスクが高いため絶対に水を流す行為はしてはいけないのです。
重症化するほど修理費も高額になるため、間違った対処法をしないように気をつけましょう。

正しい対処法とは

正しい対処法とは

便器内の水位が高い場合の対処法は、初めに完全に詰まっているのかを確認するためにしばらく放置をしてください。
時間を置くことで水位が減っていけば水に溶けるものが原因である可能性があります。
水に溶けるものは自然と溶けて無くなったり、柔らかくほぐれていくため重症化しにくいです。
スッポンを使って押し流したり、水位を極限まで減らした状態でお湯を注ぎ、溶かしましょう。
しかし、いくら時間が経っても変化しない場合は水に溶けない固形物の可能性が高く、重症化する恐れがあるため、業者に修理を依頼する必要があります。
状況がひどくなる前に業者を呼んでください。
汚水が溢れ出してきてしまった場合は、臭いや衛生面の問題が発生するため、被害が拡大しないように対処しなければなりません。
慌ててしまうものですが、冷静に行動することが大切です。
まずは、止水栓を閉めて水を止めてください。
そして、業者に連絡をします。
業者が到着するまでは濡れた床を掃除していきます。
便器の周りに雑巾を敷き、しっかりと水分を吸収していきましょう。
拭き取った後は雑菌の繁殖を防ぐためにアルコールで拭いていきます。
トイレつまりの修理は業者に依頼する必要がありますが、できる範囲でお掃除をしておくと被害の拡大を防ぐことが可能です。 慌てず、適切に対処していきましょう。