水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりの悪徳業者の危険なサインの見分け方とは

水まわりのトラブルについて

column

トイレつまりの悪徳業者の危険なサインの見分け方とは

中には悪質な会社もある

top > コラム一覧 > 中には悪質な会社もある


重度のトイレつまりは、素人では対処することができません。
無理やり直そうとすると、さらに悪化して便器から汚水が溢れ出し、最悪の場合は床材の張り替えが必要になります。
賃貸物件の場合、自分のお部屋だけでなく下の階や隣まで汚水が広がり、弁償しなければならなくなった人もいるため、自力で修理できないと判断したら、すぐに業者にお願いしましょう。
全国各地に水道工事会社が存在するため、対応してくれる会社がいないなどと困ることはありませんが、注意すべきことがあります。
それは、悪徳業者です。
悪質な会社に引っかかると、雑な修理をされて何度も依頼しなければならなくなった、修理内容に見合わない料金を請求されたなどトラブルに巻き込まれます。
重度のトイレつまりが起きると、誰でも慌てるものですが、悪徳業者かどうかしっかりと見分けてください。
悪徳業者のサインを知っておくと、トラブルを回避できるでしょう。

このような業者は要注意


サインの一つは、相場とかけ離れた破格の料金です。
チラシやポストに投函されているマグネット広告に格安、激安などと記載されているものを見たことがある人もいるのではないでしょうか。
出来るだけ安く済ませたいものですが、それに引っかかって依頼すると、トイレつまりの修理とは関係のない作業を行い、高額請求をされることがあるのです。
また、修理では直すことができないと言って本体の交換を誘導する場合もあります。
無駄な費用を支払わないためにも、最初から相場に近い料金設定をしているところにお願いをしてください。
状況を見て、見積もりを取らない業者もサインの一つです。
通常、原因や症状を見てから、どのような作業が必要になるのか確認した上で見積もりを作成します。
その見積もりに納得ができれば正式な契約となりますが、契約を取りたいがために、その過程を省く悪徳業者が存在します。
作業内容の説明が曖昧で料金なども具体的に伝えないところは避けたほうがいいでしょう。
このように、いくつかのサインがあります。
トラブルが起きてからでは遅いため、しっかりと判断してください。