水のトラブルなら水道修理救急サービス|深夜や急ぎの時にトイレ詰まりの解消方法とは

水まわりのトラブルについて

column

深夜や急ぎの時にトイレ詰まりの解消方法とは

すぐに直すためには

top > コラム一覧 > すぐに直すためには


トイレは毎日使用する設備であるため、つまりなどが起きると大変です。
早急に解決したいと思うでしょう。
早急に解決する方法は、いくつかあります。
一つは、薬剤とスッポンを活用することです。
薬剤は自宅にあるもので代用することができます。
用意するものは、お掃除などに使う重曹、お酢、お湯です。
効果を高めるために、便器内の水位は減らしておいてください。
バケツやペットボトルなどで水量を減らした後に重曹、お酢、お湯の順番で排水口に注ぎ入れていきますが、お湯の温度には要注意です。
熱湯の方が効果は高いイメージがありますが、便器が割れる恐れがあるため、必ず40度から60度に調整しなければなりません。
全てを注ぎ入れたら二酸化炭素が発生し、つまりの原因となっているものを溶かしていくため、30分から1時間ほど放置して溶けるのを待ちましょう。
完全に溶け切っていなくても、柔らかくほぐれていれば流れやすくなります。
その状態でスッポンを使うと一気に押し流されていくはずです。
一回で効果がない場合は何度が試してみたり、放置する時間を長くしてみたりしてください。
また、この方法はトイレットペーパーや排泄物、流せるお掃除シートなど溶けるものにしか意味がないため要注意です。

業者に依頼するのも一つの方法


便器に溶けない固形物を落とした場合は、ゴム手袋を着用して排水口に手を突っ込み、探してみましょう。
レバーやボタンなどで排水をしていなければ、それほど奥へは進んではいないはずです。
また、溶けるものでも手でほぐしたり、拳を作って排水口の中で刺したり入れたりするとスッポンを使った時のような効果があります。
また、業者に依頼することも早急に解決する方法の一つです。
夜間にトイレつまりが起きた場合も、夜遅くまで対応してくれる業者に依頼することで、すぐに直ります。
しかし、重症化している場合は、すぐに直らないこともあるため注意してください。
出来るだけ軽度のうちに業者に連絡をして直してもらいましょう。
早朝にも対応している業者もいますが、深夜、早朝は通常の料金よりも割増に設定されているケースが多いため、気をつけなければなりません。