水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりで高額請求されたときには

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりで高額請求されたときには

トイレつまりで高額請求されたときには

金銭トラブルに巻き込まれることもある


素人では対処できないトイレつまりが起きたときは、業者に修理をお願いすることになります。
ネットで検索をすると、様々な会社が出てくるでしょう。
多くの人は費用の安さで選んでしまいがちですが、高額請求されるなど金銭トラブルに発展する恐れがあるため、価格帯だけで選ぶのは危険です。
無料という言葉や破格の値段に惹かれるものですが、相場とかけ離れた料金を提示するところは避けたほうがいいでしょう。
何かと理由をつけて作業後に高額請求してくる可能性があります。
明確な見積もりを取り、どのような作業にいくらかかるのか、部品代が含まれていれば何に使うのかなど細かく説明をしてもらうことが大切です。
見積書に総額だけ書かれている場合は、内訳の記載もお願いしましょう。
曖昧に対応するところは信頼できません。
また、契約前に見積書の内容、金額が異なる場合があるのかどうかも聞いておく必要があります。
費用の変更があるケースは、どのような場合なのかを知っておくと、金銭トラブルを回避し安心してトイレつまりの修理を任せられるはずです。

誰に相談するべき?


実際に高額請求のトラブルに巻き込まれたという人もいるのではないでしょうか。
被害にあってしまった時は、消費者センターに連絡をしてください。
見積書などに事業者名や住所、連絡先が記載されている場合もあるため、確認して消費者センターに相談をする必要があります。
消費者センターに相談する方法は主に2つです。
一つは電話、もう一つは消費者ホットラインの188に電話をかけて自動アナウンスに従って窓口につないでもらうという方法があります。
しかし、二つ目の方法は事前予約が必要となるため要注意です。
連絡をする人は本人が行います。
なぜなら、トラブルの状況を詳しく理解するためには当事者から話を聞かなければならないからです。
また、契約書などを手元に用意した上で連絡をしてください。
内容を時系列などでまとめておくと、スムーズに相談することができます。
このように、トイレつまりの修理で高額請求をされたら泣き寝入りをせずに、相談することが大切です。
悪徳業者の被害に遭わないようにするためにも、業者は慎重に選びましょう。