水のトラブルなら水道修理救急サービス|嘔吐物でトイレつまりが起きたときには

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 嘔吐物でトイレつまりが起きたときには

嘔吐物でトイレつまりが起きたときには

便器で吐いてはいけない


トイレでよく吐く人が多いですが、それは間違いです。
便器に吐いた方がすぐに流すことができたり、人目につかない、処理が楽といったメリットがありますが、嘔吐物が原因でつまりが起きることがあります。
なぜなら、嘔吐物は胃で消化されていないものであるため、水に溶けにくいからです。
排泄物は胃で消化したものであるため溶けやすいですが、嘔吐物は溶けないどころか食べ物の油脂が多く含まれているため流してしまうと排水管にベトベトと付着してトイレットペーパーや排泄物と絡み合ってつまりやすくなります。
レバーやボタンで排水した時は問題なく流れていっているように見えますが、目に見えないところにまとわりついている可能性があるため、出来るだけ便器で吐かないようにしましょう。
つわりや二日酔い、ノロウィルスなど突然の体調不良に我慢ができずトイレに駆け込んでしまいがちですが、ゴミ袋などに吐くように心がけることが大切です。
嘔吐物だけでなく、食事の残り物も流してはいけません。
よくカップラーメンの残り汁と捨てて楽に処分をしている人がいますが、これもつまりやすいため必ずキッチンの排水口に流し、カスは生ゴミとして処分してください。

トラブルが起きた時の対処法


便器で吐かないように気を付けていても、つい吐いてしまい詰まってしまった時は悪化する前に対処することが大切です。
対処方法は、最初に取り除ける範囲で便器に浮いている嘔吐物を除去してからラバーカップなどを使って押し流すのが一般的です。
汚い、臭いがひどいと便器に浮いているものを取り除くのに抵抗がありますが、バケツやペットボトルを使ってすくいとってください。
最初の段階である程度取り除いておかなければ、解消した後に排水すると再びトラブルが起きる可能性があります。
再びトラブルが起きると、大変な除去作業をまた行わなければならないため、一度で済ませるために取り除いておくことが大切です。
ラバーカップで解決しない場合は真空式パイプクリーナーを使うといいでしょう。
これはラバーカップよりも威力が強いため、解決しやすいです。
それでも対処しきれない場合は業者に解決してもらう必要があります。