水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりで業者がくる前に準備しておくこととは

水まわりのトラブルについて

column

トイレつまりで業者がくる前に準備しておくこととは

自身でやっておくべきこととは

top > コラム一覧 > 自身でやっておくべきこととは


素人では対処することができないトイレつまりがあります。
例えば、水に溶けない異物を流してしまい、手が届かない場所まで流れていってしまった時などです。
水に溶けるものがつまりの原因だった時も、重症化していると素人では直せません。
自分で直すことができないトイレつまりは、基本的に水道工事業者に修理を依頼することになります。
プロに任せると安心ですが、業者が来る前に準備しておきたいことがあります。
それは、トイレの周りにあるモノを移動させておくことです。
便器の周りにお掃除道具や装飾品、子供が怖がらないようにおもちゃなどを置いている家庭もあるでしょう。
トイレは他の部屋よりも狭いため、周辺に様々なモノが置いてあると作業がしにくいです。
修理中に汚水が飛び散って汚れてしまう恐れもあるため、どけられるものは別のお部屋に移動させておきましょう。
壁に取り付けているものは邪魔にならないと思うかもしれませんが、ぶつかった際に落ちて便器に落ちてしまい、症状が悪化する可能性も考えられます。
悪化すると修理も大規模になり、費用が高額になるため最小限の料金に抑えるためにも壁に取り付けているモノも移動させておいてください。

被害を拡大させないためにやっておきたいこと


ウォシュレットタイプの便器を設置している場合は、コンセントを抜いておきましょう。
なぜなら、人を感知すると自動的に水が流れてしまい、便器から汚水が溢れ出してくるからです。
コンセントを抜く時は感電の恐れがあるため濡れた手で触らないようにしてください。
そして、濡れることがないようにビニール袋などに入れて保護しておくことも大切です。
床にはブルーシートや新聞紙を敷いて作業中に床が汚れないように養生することや、雑巾なども用意しておくといいでしょう。
業者も汚れないように最新の注意を払って作業を行いますが、万が一の時に備えて自身で用意をしておくことも重要なことです。
このように、業者が来る前に準備しておきたいことが様々あります。
どれも難しい準備ではないため、できる限りのことを取り組んでみてはいかがでしょうか。