水のトラブルなら水道修理救急サービス|初心者でもできるトイレつまりの対処法とは

水まわりのトラブルについて

column

初心者でもできるトイレつまりの対処法とは

まずは症状の確認

top > コラム一覧 > まずは症状の確認


トイレつまりが起きた時は慌てる人が多いでしょう。
日常生活に欠かせない設備であるため、使えなくなると生活に支障をきたします。
すぐに解消させたいのであれば、水道工事業者に依頼することをお勧めしますが、初心者でもできる対処法があります。
初心者でも自力で直すことができれば、費用も最小限に抑えられるため、正しい対処法を知り、トラブルが起きた時には冷静になってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
まずは、症状を確認することから始めてください。
特別な知識がなくても症状は確認することができます。
例えば、水位の高さです。
通常、排水をすると排水口の奥へ排泄物と一緒に水が吸い込まれていきますが、一度水位が上昇して、ゆっくりと引いていく場合は、何かがつまりを引き起こしている可能性が考えられます。
いくら時間を置いても水位が下がっていかない時は要注意です。
溶けない異物が引っかかっているかもしれません。
排水した時に排水口の奥からゴボゴボといった異音が聞こえないかもチェックしましょう。
異音がするときは、排水管や排水桝に異物が流れ込んでいる恐れがあります。

溶けるものを解消する方法


水に溶けるものが原因でトイレつまりが起きていることがわかっていれば、ホームセンターやドラッグストアでも販売している道具を使って対処してみましょう。
例えば、スッポンや真空式パイプクリーナーです。
これらは、初心者でも扱いやすい道具であるため、コツを知っていれば活用することができます。
排水口の形状に合ったもの選び、カップ部分が水に浸る程度に水量を調整してください。
あまりにも多すぎると作業中に汚水が飛び散るため、適量に調整することがポイントです。
また、カップ部分は排水口にしっかりと密着させて、真空状態を作りながら角度を変えずに思いっきり引っ張り上げます。
何度か行うことで原因が押し流されていくでしょう。
真空式パイプクリーナーもスッポンと同じです。
威力が高いため、スッポンで効果がない時は使ってみてください。
他にも、トイレ内の水量を極限まで減らしてお湯を注ぎ、ほぐしてから押し流すという方法も効果的ですが、溶けないものの時は業者に依頼するしかありません。
無理に直そうとせずにプロに頼ってください。