水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりで水がでないときの対処法とは

水まわりのトラブルについて

column

トイレつまりで水がでないときの対処法とは

水が出ないときに代用できるもの

top > コラム一覧 > 水が出ないときに代用できるもの


トイレのつまりが起きたときに、水が出ないことがあります。
水が出ないということは排泄物やトイレットペーパーなどが、そのままの状態になっているということであり、衛生面でもよくありません。
臭いもきついでしょう。
そのまま放置しておくわけにはいかないため、水が出ない時の応急処置について知っておくことが大切です。
一つは、バケツを使うことです。
バケツがあると、お掃除にも使えて便利であるため、常備している家庭も多いのではないでしょうか。
バケツに水を入れて便器に流すと応急処置になりますが、このときに勢いよく流すと汚物が飛び散ってしまう恐れがあるため、少しずつ注ぐのがポイントです。
ある程度の勢いをつけるためには、高い位置から水の流れが細くなるように意識します。
バケツがない家庭はペットボトルでも代用することが可能です。

ホースを使う方法


ホースを使う方法もあります。
バケツやペットボトルなどがない場合もホースがあれば、直接、水を便器内に流すことができます。
しかし、ホースから出る水の勢いが強いと飛び散ってしまうため、少しずつ確認しながら作業をすることが大切です。
ホースの位置がずれて床が浸水したり、蛇口を止めるタイミングが遅れて便器から溢れ出したりすると、さらに被害を拡大してしまうため慎重に作業をしましょう。
このように、トイレから水が出ない時の応急処置の仕方がありますが、つまりの原因がわからない状態で流すのは危険です。
つまりの原因が水に溶けないものだった場合、水を流すことで奥へ進んでしまい、取り出しにくくなるからです。
排泄物が便器内に残ったままの状態を出来るだけ早く解決したいものですが、原因がわからない場合には業者に連絡をしてください。
また、水を流すことで便器内の水位が高くなり、溢れ出してくる恐れもあります。
心配であれば初めから業者にお願いすると安心です。
排泄物などを見られるのは恥ずかしいですが、いつまでも放置しておくわけにはいきません。
水が出ない原因を探って修理する必要もあるため、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。