水のトラブルなら水道修理救急サービス|スマホを落としてトイレつまりが発生したときには

水まわりのトラブルについて

column

スマホを落としてトイレつまりが発生したときには

排水する前に取り除こう

top > コラム一覧 > 排水する前に取り除こう


トイレつまりの原因は様々ですが、便器にスマホを落としてしまったことで流れが悪くなってしまうケースも少なくありません。
実際に、うっかり落としてしまった人もいるのではないでしょうか。
すぐに気がつくことができれば、排水口の手前で引っかかっている状態であるため、手で取り除くことができるでしょう。
手を汚したくない場合は、ゴム手袋を着用して便器内に手を突っ込んで取り出してください。
しかし、レバーやボタンを使って一度でも排水してしまうと、簡単に手の届かない場所まで流れていってしまいます。
スマホとトイレットペーパー、排泄物などが絡み合うとつまり具合がひどくなり、最悪の場合は便器から汚水が溢れ出してくるため、出来るだけ排水しない状態で対処することが大切です。

業者に依頼すると安心


最初に行うことは、止水栓を閉めることです。
自動洗浄タイプを設置している家庭も多いでしょう。
人を感知してセンサーが反応すると自動的に排水されて、排水管まで流れてしまいます。
それを避けるために、水が流れない状態を作っておかなければなりません。
止水栓はマイナスドライバーを使って閉めるものや、ハンドルタイプになっているものがあるため、確認してみてください。
マイナスドライバーなどの工具がない時は小銭を使ってみると良いでしょう。
そして、便器内に溜まっている水をバケツやペットボトルでくみ取ります。
そうすることで、作業がしやすくなるだけでなく機器の水没状態から守ることができるのです。
灯油ポンプを使うと早く簡単にくみとることができるためお勧めです。
このように、スマホを落としてしまった時の対処法がありますが、素人では解決できないケースがあります。
その場合は水道工事業者に修理を依頼してください。
スマホは水没して汚れてしまい、使えない状態で手元に戻ってきてしまうかもしれませんが、つまりが悪化して高額な修理代を避けるためには必要な手段です。
普段から、トイレには持ち込まないようにすることや、ポケットに落ちやすいものが入っていないか確認した上で使用することも大切です。