水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレに携帯を落としてつまったときは業者に修理を依頼しよう

水まわりのトラブルについて

column

トイレに携帯を落としてつまったときは業者に修理を依頼しよう

よく落とすことのある携帯

top > コラム一覧 > よく落とすことのある携帯


トイレに携帯を持ち込むことも多いのではないでしょうか。
ポケットに入れたままトイレに行くことも多いはずです。
しかし、便器に落としてしまう危険性があるため、注意しなければなりません。
実際に、便器に落としてしまい、つまりが起きてしまった人もいるでしょう。
携帯が原因でつまりが起きたときの対処法は、落ち方によって異なります。
最もしてはいけない対処法は、排水することです。
水没して故障し、使えなくなったからといって下水に流し切ってしもうとするのは危険であるため、レバーやボタンを押して水を流すことはやめてください。
基本的に、水に溶けない固形物は取り除かなければなりません。
無理に流そうとすると、つまりが悪化するため注意しましょう。

落とし方によって異なる対処法


携帯を落としたことに、すぐ気がつくことができれば便器内を除くとすぐに見つかるでしょう。
スマホなどサイズが大きいモノは排水口に引っかかって奥まで流れこまない可能性があるため、手を突っ込んで取り出せるはずです。
便や尿で汚れている場合は、一度排水して綺麗な状態にしてから取り出そうと考える人もいますが、汚物が流れ切ってからスマホも排水口の中で吸い込まれるように奥へ行ってしまうことがあります。
そのため、汚れていてもゴム手袋などを着用して掴み取ってください。
すでに便器の外側から除いても見当たらない場合は奥の方まで進んでしまっている可能性が高いです。
排水管を通っている場合や、排水口の少し奥に引っかかっているかは判断できません。
この場合は、素人では対処できないため業者に修理を依頼してください。
どこに引っかかっているのかを探るために、トイレを取り外してチェックします。
比較的最初の方が引っかかっていれば取り出しやすいですが、排水管を通って排水枡まで流れると大変です。
専門機材を使い、作業自体も大掛かりになるため修理費が高額になります。
スマホを買い換える費用だけでなく、修理費も高額になると無駄な出費が増えるため、悪化する前に業者に連絡してください。
また、日頃から流してはいけないものはトイレに持ち込まないようにすることも大切です。