水のトラブルなら水道修理救急サービス|トイレつまりに有効な薬剤について

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > トイレつまりに有効な薬剤について

トイレつまりに有効な薬剤について

尿石には酸性を使おう


トイレつまりが解消できるのはスッポンなどの道具だけではありません。
薬剤も効果的です。
ホームセンターやドラッグストアにも販売されているため、万が一の時に備えて1つ常備しておくといいかもしれません。
しかし、薬剤にも様々な種類があるため、どれを買えばいいのか迷うこともあるのではないでしょうか。
古い便器は尿石が蓄積され、つまりやすい状態です。
その場合は、アルカリ性の汚れに利く酸性のものを買いましょう。
なぜなら、尿石はアルカリ性だからです。
尿石専用の洗剤も販売しているため、すぐに手に入りますが、古すぎる便器は洗剤を使っても除去しきれないことも少なくないため、新しく交換することも検討してみてください。

家庭にあるもので代用することもできる


トイレットペーパーや流せるお掃除シート、排泄物などには薬剤を用いなくても家庭にあるもので代用することができます。
それは、重曹、お酢、お湯です。
これらを使うと溶かすことができます。
重曹はカップ4分の1、お酢は100ml、お湯は便器の半分程度になるまで注ぎます。
順番を間違えないように注意しましょう。
注いだ後は泡立ってくるため、その状態で1時間ほど放置をします。
放置後は確認のためにバケツに水を入れて少しずつ注いでしっかり排水されるかチェックしてください。
まだスムーズに流れない場合は、スッポンで押し流すと解決する可能性が高いです。
また、この方法を用いるときは、出来るだけ水位を減らした状態で注いでいくことがポイントです。
ペットボトルやバケツを使って空に近い状態にしておきましょう。
このように素人でも直すことができますが薬剤を使った方法は、水に溶けるものが原因の時にしか効果がありません。
水に溶けない異物は取り除かなければトイレつまりは解決しないため業者に修理を依頼しましょう。
また、原因がどちらかわからない時も下手に触らずに業者にお願いすることが大切です。
間違った方法を用いると症状が悪化し、トイレから汚水が溢れ出てくる可能性があります。
重症化すると修理も大規模になるため、軽度のうちから業者にお願いしてください。