水のトラブルなら水道修理救急サービス|早朝にトイレつまりが起きたときの対応とは

水まわりのトラブルについて

column

早朝にトイレつまりが起きたときの対応とは

どう対処するべき?

top > コラム一覧 > どう対処するべき?


早朝にトイレを使おうと思ったらつまりが起きており、使えず慌てている人もいるのではないでしょうか。
流れにくい程度であって、症状がひどくなる恐れがあるため、出来るだけ使わずに対処する必要があります。
しかし、どのように対応するべきかわからない人も多いはずです。
慌てることがないように、早朝にトイレつまりが起きたときの対応について知っておきましょう。
簡単にできる方法は、しばらく放置することです。
トイレットペーパーや排泄物の流しすぎが原因であればしばらく放置すると、自然と解消されていることがあります。
特別な対応も不要であるため、すぐにトイレを使わなくても問題がない人は、日中まで時間を置いてみるといいでしょう。
解消されたかどうかを確認するときは、バケツを使います。
バケツに水を入れて、高い位置から少しずつ注いでください。
問題なく流れていけば解決した証拠です。
このとき、レバーやボタンで流そうとすると解消されていない時に便器から溢れ出してくる危険性があるため、必ずバケツやペットボトルなどの容器を使うようにしましょう。

すぐに直したい場合は業者を呼ぼう


スッポンがある家庭は、お湯を注いで30分ほど放置してから使うとより効果的です。
お湯を注ぐとペーパー類や排泄物がほぐれるため、流れやすくなるのです。
重曹やクエン酸、お湯の順番で注ぐ方法もお湯だけの方法よりも効果が高まります。
お掃除などでよく使う重曹や、調味料のお酢で問題ありません。
これらを注いでしばらく時間をおくと、炭酸ガスが発生して溶けやすくなります。
このように様々な方法がありますが、すぐにでもつまりを解消してほしい場合は早朝にでも駆けつけてくれる業者に修理を依頼しましょう。
深夜や早朝は通常料金よりも高く設定されていることがありますが、すぐに解決するためには業者に依頼するしかありません。
闇雲に作業をして症状が悪化すると、大規模な修理が必要になり時間がかかります。
また、お金も高額になるため、軽度であってもプロに直してもらうことが大切です。
信頼できる業者に連絡してみてはいかがでしょうか。