水のトラブルなら水道修理救急サービス|待つだけで直るトイレつまりの解消法とは

水まわりのトラブルについて

column

top > コラム一覧 > 待つだけで直るトイレつまりの解消法とは

待つだけで直るトイレつまりの解消法とは

待つだけで直る?

待つだけで直る?


トイレつまりは道具や洗剤などを使わなければ解消できないと思っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、原因によっては待つだけで解消できるケースがあるのです。 待つだけで直れば、手間やお金をかけずに済むため、誰でも簡単にチャレンジできますが、知識がなければ悪化する恐れもあるため、注意しなければなりません。 知っておきたいことの一つは、待つだけで直るトイレつまりは、水に溶けるものが原因だった時だけだということです。 水に溶けないものは、いくら放置をしても溶けることはなく、逆に症状がひどくなる恐れがあるため注意してください。 溶けるものか、溶けないものかの判断も少し待つことでわかる場合があります。 時間を置いた時、上がっていた水位が下がっていれば溶けるもの、状況が変わらなければ溶けないものと判断しましょう。 重症化していれば、水に溶けるものでも水位が変化しないため、慎重に見極めることが大切です。

溶かすスピードを早めるための方法

溶かすスピードを早めるための方法

水に溶けるものはトイレットペーパーや流せるお掃除グッズ、排泄物です。
それ以外のものは便器に流さないようにしましょう。
また、少しでも早く解消したい場合は、ただ待つだけでなく、お湯を注いで放置すると効果的です。
排水口に溜まっている水位を減らせるだけ減らし、40度から60度のお湯を注いでください。
お掃除でも使用する重曹とクエン酸を注いだ後にお湯を入れるのも効果があります。
クエン酸は調味料であるお酢でも代用することができるため、チャレンジしてみるといいでしょう。
完全に溶かすことができなくても、溶けやすい状態を作ると詰まったものが流れやすくなります。
このように、水に溶けるものであれば待つだけでトイレつまりが解消します。
溶けるものかどうかを判断するために、しばらく待つのは問題ありませんが、すでに溶けない異物だとわかっている場合や、放置しても判断が難しい時には業者に依頼しましょう。
状況がひどくなると便器から汚水が溢れ出し、浸水などの被害に繋がります。
軽度で抑えるためにも、無理矢理自力で対処しようとせずにプロの力を借りることが大切です。