水のトラブルなら水道修理救急サービス|ビニール袋が原因でトイレつまりが起きた時には

水まわりのトラブルについて

column

ビニール袋が原因でトイレつまりが起きた時には

ビニール袋は重症化しやすい

top > コラム一覧 > ビニール袋は重症化しやすい


トイレに流していいものは決まっていますが、中には間違って流れてしまうケースがあります。
また、子供がいたずらで流すこともあります。
例えば、ビニール袋です。
トイレ用品のストックを買って収納棚に入れる際に、便器の中にビニール袋が落ちてしまったり、子供が遊んでいて流してしまう可能性はゼロではありません。
袋は小さくて薄いため、そのまま下水まで流れていくこともありますが、つまりを引き起こして排水されなくなることがあります。
ビニール袋を便器に落とした場合は、流さずに拾い上げてください。
自動洗浄されるタイプはセンサーに反応して排水されますが、作動する前に電源プラグを抜くか、すぐに手を突っ込んで引っ張り出すことが大切です。

こんなサインがあれば要注意


異変が起きてからつまりが起きていることに気がつくケースもあります。
つまりが起きると何かしらのサインが出てくるため、見逃さないようにしましょう。
よくあるサインは、排水した時に流れが遅くなることです。
通常は勢いよく水が引いていきますが、水位が上昇して引いていくまでに時間がかかる場合は、排水管に引っかかっている可能性が高いです。
場合によっては、いくら時間を置いても全く水位が引いていきません。
トイレが使えない状態が続き、暮らしに支障をきたすと大変です。
一度なら使っても問題がないだろうと考えると、重症化し便器から汚水が溢れ出して床が浸水します。
そのような場合には、つまりの修理費だけでなく床材の張り替えが必要になって、莫大なお金がかかります。
異音がしている時も要注意です。
比較的、流れがいつもより遅いといった症状はトラブルが起こり始めているサインであるため、入り口に引っかかっていれば自分で取り除ける可能性はあります。
しかし、異音がしたり、水位が高いまま引いていかない場合は、排水管の奥、排水桝まで流れている恐れがあるため、素人では対処できません。
被害が拡大する前に水道工事業者に修理をお願いしてください。
無理やり自力で取り出そうとすると、余計に症状がひどくなる可能性があるため、プロにお願いすることが大切です。